新年を祝うおせち料理とは

年賀状、初詣、お年玉。

全て新年を迎えるにあたり欠かせないものです。しかし、なにか一つ足りない気がします。元旦の日、綺麗な重箱に入った美味しいアレです。

そう、おせち料理です。

おもちやお雑煮もいいですが、おせち料理は正月のマストアイテムの一つですよね。そこで今回はおせち料理について簡単に説明していきたいと思います。

おせち料理とは

おせち料理の「せち」は漢字だと「節」となります。もともとは五節を祝う料理として中国から伝わり、古くは奈良時代に朝廷の行事で出されていたようです。それが、最も大事な節句の正月料理を指すようになりました。尚、現在のおせち料理は、江戸時代の武家社会の習わしによって形成されたそうです。料理を重箱に入れるようになったのは、明治時代だと言われています。

おせち料理は、祝い肴、口取り、焼き物、酢の物、煮物の5つに分けられ(祝い肴と口取りを一つにまとめる場合もあります)、通常は四段の重箱に入れられます。なぜ四段かというと、完全な数字である「三」のさらにその上をいくためです。「四季」を表すという説もあります。尚、通常は一の重、二の重のように数えますが、四の重ではなく、与の重と書きます。「四」は「し」と読むため、新年を祝う正月料理には相応しくないことが理由です。

祝い肴三種

おせち料理には、「絶対に欠かせない三種の神器」が存在します。それは、祝い肴三種と呼ばれるものです。この三つの料理があれば体裁は保てると言われているため、本格的なおせち料理には手が出せないという方でも、スーパーやデパート等でこの三種の料理のみを単品で買い揃えることもできます。

田作り:カタクチイワシを乾燥させたもの。豊年豊作の願いが込められています。

黒豆 :日に焼けて真っ黒になるまで働けるようにという願いが込められています。

数の子:子宝に恵まれる、そして、ニシン(二親)が健在という願いが込められています。

尚、関東と関西では微妙に祝い肴三種は異なります。関西では田作りの代わりに、たたきごぼうが使われます。

続いて、先程紹介した5つの種類別に代表的なおせち料理を挙げていきます。祝い肴の代表格は既に説明しているので省略させて頂きます。

口取り:紅白かまぼこ、栗きんとん、伊達巻き

焼き物:鯛の姿焼き、ブリの照り焼き

酢の物:紅白なます、ちょろぎ、酢蓮、菊花かぶ

煮物:昆布巻き、煮蛤、筑前煮

最後に

おせち料理は本来は家庭で作るものですが、デパートやスーパー、そして、最近ではインターネットでも予約・購入することが可能です。さらに、洋食や中華の具材もおせち料理に使われる傾向があります。

Related Posts

About The Author