日本の陶器食器のデザイン

普段何気なく食卓に並ぶ食器ですが、なぜあのような形なのかご存知ですか?また、和食の食器と洋食の食器には形の他にも決定的な違いがあることをご存知ですか?

今日は知っていそうで実は知らなかった日本の食器にまつわる話をしようと思います。

洋食器と和食器の違い

洋食の器と和食の器には主に二点の違いがあります。まずはです。洋食器は和食器と比べると平たいデザインが多く採用されています。汁物、つまりスープ皿も日本のお椀と比べると全体的に薄いデザインになっています。これは和食と洋食の食べ方の違いによるものです。日本では基本的に器を持ち上げて食べますが、洋食の世界ではこの行為はタブーです。そのため、日本の食器は手で掴みやすいデザインが採用されているのです。

もう一点の違いは、原料の違いです。和食器は陶器、一方の洋食器は磁器に分類されます。陶器は主に土を使い、磁器は主に石を使います。和食器は質感がザラザラしていますが、洋食器はツルツルしています。強度は見掛けによらず、薄い磁器食器の方が強く、和食器の方が脆いです。また、洋食器は電子レンジで使えますが、和食器は使用することができません。

さらに陶器の和食器には、熱伝導が低いため、熱しやすく冷めにくいという強みがあります。従ってシチューやカレー等の洋食にも実は向いているのです。

日本の食器のデザイン

日本の食器のデザインは多様です。これは食器にそのまま口をつけて食べる習慣があるためだと言われています。例えば、お味噌汁を入れるお椀とごはんを入れるお茶碗では質感も形も微妙に違います。

そして、和食器のデザインは、和食の構成の影響も受けています。普通、日本の食卓には一汁三菜、つまり、ごはんを除くと、汁物が一点、主菜が一点、そして、副菜が二点、合計で四点の食器が並びます。それぞれの料理に合った大きさ、そして、質感の食器が用いられます。

また、陶器の食器は磁器の洋食器と比べて、軽いという特徴があります。これは、上述したように、日本では食器を持ち上げて食べるという文化が根付いているためです。

最後に和食器は洋食器と比べて、「バラバラ感」があります。洋食器の場合はセットで販売されていることが多いですが、和食器の場合は、使う本人が好きな食器を選びます。そのため統一感はゼロです。しかし、この「自分専用」の食器は愛着を生み、モノを大切に扱うという日本の文化を育てているのかもしれません。

余談ですが、陶器には染みができやすいという欠点があります。染みを防ぐには、使用する前に米のとぎ汁に20分程度漬け、終わったらよく洗って乾燥させます。この手法は目止めと呼ばれます。

Related Posts

About The Author