Topsankaku和食の技sankakuメイソンジャーにも負けない?…
2015.02.20
メイソンジャーにも負けない?週末に作るだけ!これが日本の最強常備菜
ちまたでは、便利でおしゃれな常備菜としてメイソンジャーサラダが大人気ですが、実は私たちが普段食べている和食のおかずには、通常の料理よりも長持ちする常備菜がたくさんあります。
そこで、今回は、週末にまとめて作っておくと便利なメイソンジャーサラダに負けない日本の最強常備菜を紹介します。
一汁三菜

突然ブレイクした「メイソンジャーサラダ」その人気の秘密は?

ごらんの通り、とにかく見た目のかわいさが世の女性たちを虜にしているわけですが、瓶に詰めて密閉状態にしているので、長持ちするというのも人気の秘密。
保存ならば、日本の副菜だって負けてません。
ということで、週末まとめて作っておける和食の最強常備菜、まずは1人前200kcal以下のレシピを紹介します。

かぼちゃのほっくり煮(169kcal)

かぼちゃのほっくり煮

にんじんのきんぴら(164kcal)

にんじんのきんぴら

なすの南蛮炒め煮(129kcal)

なすの南蛮炒め煮

ひじきと油揚げの煮物(150kcal)

ひじきと油揚げの煮物

じゃがいもの粉ふき煮(128kcal)

じゃがいもの粉ふき煮
もう少し、カロリーを抑えたい人には、100kcal以下のヘルシー副菜がおすすめ。 200kcal以下の副菜と組み合わせたり、その日の主菜に合わせて、カロリーコントロールをすれば、ダイエット献立も簡単に作れます。

切り昆布煮(66kcal)

切り昆布煮

切り干し大根の煮物(95kcal)

切り干し大根の煮物

えのきのしょうゆ煮(41kcal)

えのきのしょうゆ煮

きんぴらごぼう(93kcal)

きんぴらごぼう

煮卵(78kcal)

煮卵
「常備菜」は、何も特別な料理ではありません。和食の定番の副菜には、冷蔵庫で日持ちするものが多いんです。 また、ひじきの煮物やきんぴらごぼうは、冷凍しても味が落ちない料理のひとつ。冷凍と併用すれば、週末にまとめて調理するだけでOK!
さっそく今週末からはじめてみては?