Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku日本発の回転ずしが海外で独り…
2014.08.03
日本発の回転ずしが海外で独り歩き?注目される和食の発展
海外において、認知度NO.1を誇る日本食「sushi」
しかしながら、外国人が触れる「sushi」は、私たちが普段口にするものとは少々違うようです。
日本でおなじみの回転ずしも、海外ではこんな独自展開を…。海外での和食の発展現状についてご紹介します。
回転ずし
まずは、世界の回転ずし事情をいくつか見てみましょう。

海外の回転ずし・イギリス編

巻き寿司
日本の大手寿司チェーンに比べると、お値段はかなり高いんですね。

海外の回転ずし・ロシア編

ロシア
”回転”の意味伝わってます?(笑)

パリの回転フランス料理?

フランス
フランス料理も回転させてしまうという発想とは…。おそるべしです。

日本でも回ってる!回転フランス料理が人気

余談ですが、実は日本にも回転フランス料理が存在します。
小田原のビストロ回転寿司、その名も「あじわい回転寿司 禅」
フランス料理
※写真はイメージです。
外観の様子は、一見普通の和食屋さんだが、このお店、ユニークな発想のみならず、美味しいと評判なのです。

パリにはこんな餃子バーも

餃子
美食の国フランスの首都パリは、食のトレンドに敏感な人も多いようです。スシバーはすでに珍しくありませんが、2012年に今度は、その名も「Gyoza Bar」がオープンし、日本の焼き餃子が地元の人から大人気を集めているとか...。

回転ずしが海外に渡って、それぞれのお国柄に合せて展開されている様子をおわかりいただけたでしょうか。「とんでもない」と苦笑してしまうようなアイデアもなきにしもあらずですが、カリフォルニアロールのように、ヒットした商品は、そのうち日本に逆輸入されるかも?海外で繰り広げられている和食の今後の発展を、私たち日本人も見守っていきたいものです。
関連タグすし海外