Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuうどん県の香川に続け!群馬が…
2015.02.17
うどん県の香川に続け!群馬が「すき焼き県」って知ってました?
うどん県として定着した香川県に続き、世界文化遺産にも登録された冨岡製糸場で話題の群馬県が、「すき焼き県」になるべく、試行錯誤しているとの噂。有力な「すき焼き大使」も任命され、じわじわと広まりつつある「すき焼き県」について紹介します。
和食lab

群馬は「すき焼き自給率100%」?

すき焼き、といえばお肉に注目しがちですが、名脇役のネギ、こんにゃく、しいたけ、春菊などは群馬の名産ばかり! ということに着目した、「すき焼き自給率100%」。 もちろん、牛肉の飼養頭数も全国10位と健闘しています。

すき焼きシンポジウムも開催!

富岡製糸場の世界文化遺産登録をきっかけに、シンポジウムも開催されました。

ぐんまちゃん、すき焼き大使に任命!

ゆるキャラ期待の新星「ぐんまちゃん」が大使に就任、これからのイベントでの活躍にも期待です。

ぐんまちゃん、松阪市に挑戦状?!

こちらの動画では、松阪牛で有名な松阪市のゆるキャラ「ちゃちゃも」にすきやきで挑戦状を…!?
対決の後に、「上州和牛と下仁田ネギはきっとどこにも負けません!」と、群馬県知事に報告するぐんまちゃん。なかなかのやり手大使かもしれません。

いち早くすき焼きをおもてなし料理として売り出した 老舗旅館「常盤館」

上州和牛に、下仁田葱をはじめ県内産の野菜を使用したすき焼きを振る舞う「常盤館」。 県内の利用者が多かったこの旅館は、群馬すき焼きで全国的にも有名になりつつあります。

常盤館名物「下仁田葱すき焼き」とは

2014年12月~2015年1月、120食限定で、お取り寄せもしていた「下仁田葱すき焼き」。肉厚でジューシーな下仁田葱の特徴を最大限に活かしたすき焼きを求めて、県外のお客さんも増えているとのこと。


冨岡製糸場の観光客へのおもてなしとして発動したすき焼き県プロジェクトは、「すき焼き自給率100%」をキャッチフレーズに地産地消に上手に貢献しているプロジェクト。今ではすっかり定着した、うどん県・香川に続くのか?ぐんまちゃんの今後の活躍にも期待です!