Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuいつもの料理がひと振りで大変…
2015.02.22
いつもの料理がひと振りで大変身!変わり種調味料
料理のレパートリーを増やしたい。そんなときに、レシピ本やレシピサイトに頼る方法もありますが、変わり種調味料があれば、いつものレシピを簡単に変身させることができます。今回は、そんな裏技に役立つ変わり種調味料を紹介します。
和食lab

揚げ物に、京都土産の新定番「料亭の粉しょうゆ」

抹茶塩のように少量を付けていただく粉しょうゆ。天ぷらやフライのサクサク感を損なわずに醤油味でいただける便利な調味料です。 油とのなじみもよく、お肉・魚介・野菜のグリルにオリーブオイルやごま油を垂らして、ぱらっと一振りすれば、ドレッシングに。ふりかけや、おにぎりの具材にもおすすめです。



子供も大好き「カレー風味の醤油」

唐揚げや魚の照り焼きの下味に、野菜炒めやきんぴらごぼうなどの炒め物に使えばいつものレシピでも一味変えられるスパイシーなお醤油です。 お子様も大好きなカレー味だから、昨夜のおかずをお弁当のおかずにというときに、カレー味でリメイクしたら、飽きずに食べてもらえそう。



食べるしょうゆでおもてなし「泡醤油」

ためしてガッテンで話題になった「泡醤油」。お刺身や冷奴、冷しゃぶに茹で野菜などなど、シンプルな料理もお醤油代わりに添えるだけで、豪華なおもてなし料理に変身します。



和食とイタリアンのコラボ「オリーブ白醤油」

サラダやカルパッチョにはもちろん、和風パスタの味付けに、炒め物にと1本で味付けが完成する便利な一品。焼き魚にかけたり、焼き浸し、煮浸しに使えば、マンネリレシピを打破させてくれる1本です。



マイルドなタバスコ?「スパイシーしょうゆ」

スパイシーな辛さがアクセントになり、減塩効果も期待できるというスパイシーしょうゆ。炒め物やお肉の下味にお醤油代わりに使うだけで、創作料理に変身。タバスコラベルの瓶も可愛いですよね。



かぼすのタバスコ「かぼすこ」

こちらも辛いもの好きには堪らない「かぼすこ」。かぼすの爽やかな香りが和食にすんなり馴染みます。これ1本で、いつものおかずを「お酒が進む一品」に変身してくれます。



忙しい生活の中で、料理のバリエーションを増やすのはちょっと億劫という方、調味料ひとつでいつものレシピを変身させる裏技を使ってみてはいかがでしょう。