Topsankakuミラノ国際博覧会「食」と「文…
2015.03.23
ミラノ国際博覧会「食」と「文化」発信!いよいよ日本館の全貌が明らかに!
今年の5月からイタリアで行われる食がテーマの「ミラノ国際博覧会」。いよいよ開催を2ヵ月後に控え、徐々に日本館の全貌が明らかになってきました。今回はその一部を紹介します。
和食lab

ユネスコ無形文化遺産登録から1年以上経ち、ますます世界の注目を浴びる「和食」

和食lab
和食lab
最新技術を駆使した建築物でありながら、日本の伝統的な建築手法を随所に見ることができるまさに「共存する多様性」を意識した建築物になっているのだそうです。

施設の全貌

「Harmonious Diversity -共存する多様性-」をテーマ造られる日本館は、「HARMONY」「DIVERSITY」「LEGACY」「INNOVATION」「COOL JAPAN DESIGN GALLERY & JAPAN SHOW CASE」「LIVE PERFORMANCE THEATER」など9つの展示スペースで構成されています。

手かげたのは、チームラボ株式会社代表であり、日本を代表するクリエイターの猪子寿之氏をはじめとする6人の空間の仕掛け人たち。
和食lab
SceneⅠ HARMONY
●自然と寄り添い、多様な恵みを育む日本の食の産地
和食lab
SceneⅡ DIVERSITY
●日本の農と食、食文化の多様性、さらなる拡がり
和食lab
SceneⅡ LEGACY
●未来につながる伝統の知恵と技。日本食は「未来食」
和食lab
SceneⅢ INNOVATION
●地球的課題に対し独創的に取組む「日本のクリエイティブ・ソリューション」
和食lab
SceneⅣ COOL JAPAN DESIGN GALLERY & JAPAN SHOW CASE
●伝統と革新がもたらす、魅惑のクールジャパン
SceneⅤ LIVE PERFORMANCE THEATER
●食卓から始まる人びとの想い、絆。日本食は世界をつなぐ「地球食」
和食lab

日本館レストラン

また、日本館2階には、本格日本食レストランも。展示のみならず、実際に食べていただくことで訪れた人々をもてなします。
和食lab

イベント広場

イベント広場
今後ますます注目を集める「和食」、ミラノという流行の発信地で、世界の人々にどう映るのか、気になるところです。