Topsankaku和食の技sankaku食パンでぬか漬け?ツケジョ必…
2015.03.09
食パンでぬか漬け?ツケジョ必見!美味しいぬか漬けを作る裏技
今、”ツケジョ”こと漬物女子が密かなブームなのだとか。おばあちゃんやお母さんが作ってくれたぬか漬けの味が忘れられないという人は少なくないでしょう。しかし、ぬか漬けづくりはなかなか奥が深く、知識がないと失敗してしまうこともあります。今回は、そんなぬか漬け作りの「困った!」を解決する方法を紹介します。
top

食パンとビールでぬか床が作れる!?

失敗を未然に防ぐため、ぬか床づくりの段階から入れておくとよいとされる色々な食材があります。
入れすぎると失敗するので、適正な量を入れましょう。
また、ぬか漬け初心者にぱ、まず食パンとビールで作るパン床をマスターすることをおすすめします。

食材の持つだしや香りを活用する

だしや香りが豊かな食材を加えると、その香りがぬか床に移り、風味豊かなぬか漬けが出来ます。
みかん

乾燥椎茸は水分の多いぬか床を回復させる優れもの!

ぬか床を作っていると、ぬか床が水っぽくなるというトラブルに見舞われることがあります。
これを解消するには様々な解決方法がありますが、その中の方法で「乾燥椎茸」を入れるという方法は、水っぽさを解消するだけでなく、ぬか漬けの出来をより良くするという効果もあります。
椎茸

酸っぱくなったぬか床は、あるものをちょい足しして復活!

出来上がったぬか漬けが酸っぱくなりすぎたら赤信号。
これもぬか床に食材などをちょい足しすることで解消することができます。
よく言われる「卵の殻を入れる」という方法もありますが、卵の殻には雑菌が繁殖しがちなので、洗って清潔にしてから入れるようにしましょう。

保存方法と長期保存のポイント

ぬか床を長期間、良い状態で保存するためのポイントがあります。
基本的には冷暗所で保存しますが、夏のように温度が上がる時期や、長期保存したいときの方法をご紹介します。
保存
一度安定すると半永久的に使えるぬか床作り、興味があったらぜひ挑戦してみてください。
初めの一歩が踏み出しにくいという方は、ある程度出来上がっているぬか床の素を使ったり、パン床にチャレンジするといいかもしれません。