Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku100種類以上の日本酒が飲み…
2015.03.12
100種類以上の日本酒が飲み放題!池袋「クランドサケマーケット」の全貌
今、日本酒飲み放題の新スポットが熱い! 池袋に3月19日、時間無制限、3,000円で100種類以上の日本酒が好きなだけいただける「KURAND SAKE MARKET」がオープンすると注目を集めています。今回は、その新スポットの全貌について紹介します。
和食lab

日本酒が時間無制限で飲み放題!

お手頃な値段はもちろん、セルフ形式といういままでにないスタイルのお店がオープン。日本酒好きの期待の声が高まっています。

オープン前に編集部がひと足お先に「クランドサケマーケット」に潜入!

和食lab
エントランスに入ると、好きな酒器をセレクト。こちらの酒器は、好きな時に、飲みたい日本酒に合わせてチェンジも可能です。
和食lab
店内は丸テーブルがあり、40名の立飲みスタイル。1人で来たら相席で、初めて会った人とも気軽に楽しんで欲しいという思いからあえて丸テーブルを設置したのだそう。珍しいお酒ラインナップは、流通しにくい火入れ(加熱処理)していない生酒。火入れをしていないお酒は、出来たての味わいや香りを変わらず楽しむことができます。
あの銘酒の生酒が好きなだけ飲める立ち飲みバーは、まさに日本酒好きにはたまらない新スポット。 また、決められた時間になると、来店したお客さん全員でお水をいただく「お水で乾杯タイム」があり、体思いの粋な計らいも嬉しいですね。
おつまみ
この日、オープンさながらに振る舞われたのは、まさに今話題の富山名産「富山湾ほたるイカの素干し」を含む全5種類のおつまみ。ガラスの酒器にかわいらしく盛り付けられた日本酒好きには堪らないラインナップ。全て200円というお手頃価格で購入できるそう。
おつまみ
日本酒だけではありません、3月17日(火)に一般発売が決まっているプレミアムモルツのさらにワンランク上を行く“スーパープレミアムクラス”のビール「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」も1杯200円でいただけます。

「クラウドファウンディング」で作られたお店だった

日本ではまだまだ発展途上のクラウドファンディング市場で、なんと目標達成率500%弱という驚きの結果を出した「KURAND SAKE MARKET」。 お得なリターンの魅力と、蔵元を応援したいという日本酒好きの思いの結晶なのです。

個性的な日本酒銘柄のセレクトも魅力のひとつ

クラウドファウンディングの支援者が選んだ日本酒をオープニングメニューに入れていることもあり、セレクトがユニーク!
支援者としては、自分が選んだ日本酒がお店に置かれているなんて、愛着が湧きますよね。

そもそも「KURAND」とはどんな組織なのか?

このクラウドファンディングを立ち上げたのが「KURAND」。日本酒が大好きなメンバーが、全国の蔵元を応援すべく、さまざまな活動を展開しています。

定期購入サービスもあります

定期購入によって、販売スケジュールに基づいて蔵元が計画的に生産できるため、作り手にとってもリスクが少ない。さな蔵元も参入しやすいので、利用者にとっては、これまでなかなか手に入れらことの出来なかった銘柄のお酒を気軽に飲むことができる生産者にも消費者にも嬉しい画期的なシステムです。

しぼりたての日本酒が楽しめるイベント「しぼりたて祭」

都内の商店街と共同で開催されている「しぼりたて祭」は、そんな「KURAND」の活動を体現したような企画で、大規模な蔵元の利き酒イベントとは違った魅力があります。

次回のしぼりたて祭は3月28日!

次回のイベントチケットも200名分が早々にソールドアウト。 12時30分〜15時30分と、休日に昼間から深酒してしまいそうなスケジュールですが、イベント終了後、その余韻を参加者同士で共有する2次会をするのもいいかもしれません。

ユニークな銘柄の日本酒がたった3,000円で、好きなだけ飲める施設「KURAND SAKE MARKET」はオープン間近! 料理好きな友達を集って手料理を持ち込むバーベキュー形式の施設として活用してみるのもいいかもしれません。。