Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuもはやアート!? 手土産にお…
2015.04.13
もはやアート!? 手土産におすすめの超個性派和菓子
GWやお盆などの里帰りするシーズン、お世話になっている身近な人への手土産には、毎回悩まされるもの。待ってました!と、”いつもの手土産”で喜んでもらえる場合もありますが、たまには「あなたのために厳選しました」という想いが伝わる個性派和菓子を選ぶのもいいかもしれません。今回は、食べるのがもったいないと思えるほど美しい個性派和菓子を紹介します。
top

鍵善良房(かぎぜんよしふさ)の菊寿糖

デパートなどには出店していない京都の和菓子屋「鍵善良房」。
そこの看板商品である「菊寿糖」は、和三盆でできた落雁(らくがん)の菊が可憐に咲き誇り、思わず目を奪われてしまいます。
賞味期限も長く、持ち運びも容易。京都旅行のお土産にはぜひ立ち寄りたい和菓子屋さんです。

まるでお花畑!創作菓子 悠の「百花繚乱」

こちらも同じく花を象った落雁(らくがん)。箱いっぱいに敷き詰められた小花は、まさに「百花繚乱」です。子供からお年寄りまで虜にしてしまう逸品。

知る人ぞ知る富士河口湖町の和菓子店 金多留満の「はまなし」

これからの季節、喜ばれる手土産と言えば、ゼリー菓子。こちらは、なんと天皇陛下にも献上された献上菓なのだとか。
はまなしの実や富士の名水を使って作られた繊細な味はもとより、綿玉羹の独特な舌触りは、他のお菓子ではなかなか味わえない逸品。かなりお酒が効いているとのことで、大人の手土産として重宝しそうです。

ザ・日本の手土産!金多留満の「富士羊羹」

最近、外国人観光客に人気の富士山がモチーフの様々なグッズ。その影響を受けてか、日本人の間でも人気が高まっています。和菓子だって、例外ではありません。日本の象徴する風景のひとつ、富士山の羊羹に舌鼓を打ってみては?

毎月22日(富士の日)に、223本(富士山)限定で販売するという演出も粋ですね。
ちなみに、「とらや」でも冬季限定ですが、富士羊羹を販売しているそうです。

嘯月(しょうげつ)の「きんとん」

餡が作り出す、1枚1枚の花弁が他に類を見ないほどに繊細で美しい嘯月のきんとん。
季節ごとに装いを変えるきんとんは、京都を訪れたら、香り高いお茶と共にぜひ味わいたい逸品です。

和菓子村上の「わり氷」

金沢のお土産として人気の「わり氷」は、その名の通り氷を割ったような清涼感たっぷりの和菓子。
透明感のある色彩には、日本ならではの気品を感じさせてくれます。

和食は、丁寧に仕立てられ、目にも美しい食文化。花や風景をイメージした色使いや形、そっと主菜を引き立てる副菜、そのどれもが美しいだけでなく、日本を彩る「四季」を作り上げています。 職人たちが髄を凝らして作り上げた和菓子も例外ではありません。ぜひ目で、そして舌で味わってみてください。