Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku海外で大人気「枝豆」の美味し…
2014.08.06
海外で大人気「枝豆」の美味しい品種と茹で方
海外で検索された和食ワード第2位と、世界中で注目される「edamame(枝豆)」。その人気は、数年前からじわじわときていたよう。どうして枝豆がブームになっているのか?日本でも枝豆が再注目される中、美味しい品種や、正しい茹で方をご紹介します。
枝豆

枝豆が世界で注目を集めている!

実はこんなに広まっている枝豆の人気ぶり

こちらは2007年にアップされた動画。この時から、すでに枝豆が海外で認知されていたようです。ポテトチップスみたいにスナック感覚で食べられて、なおかつヘルシー。健康面でも注目されています。

子どもも大好き!Edamame

皮からむいて食べる楽しさが、子どもにも人気!
いろんな国の子供たちが「エダマミィー!」と言っている映像を見ると、世界中に広がっていることを実感します。ゆでて塩をかけるだけの手軽さがいいですよね。

外国人観光客に人気の居酒屋がブームを後押し

枝豆
こちらは2012年のニュース記事。お酒では「とりあえずビール」おつまみでは「とりあえず枝豆」が定着している日本。日本を訪れた外国人観光客は、居酒屋で枝豆を知ったという人が多く、”とりあえず枝豆”文化も浸透しつつあるのかも。
海外初進出は90年代。それから20数年の時を経て、冷凍技術の進歩や、日本食ブーム、健康ブームなどが重なり、枝豆がブレイクしたようです。

日本人なら知っておきたい枝豆の豆知識

世界でこんなに人気の枝豆。実は普段食べている私たちが知らないことも多い。
海外の人との話のネタにも役立つ枝豆の歴史。
枝豆

実は400種類以上ある枝豆の品種

美味しい枝豆ブランドはどこ?

2012年に行われた野菜ソムリエ サミットで、味が評価された枝豆ブランドベスト5
最も味が評価されたのは、群馬県 北毛地域の天狗印枝豆「味緑」
日テレ「月曜から夜ふかし」でも取り上げられ、受注処理が間に合わないほど問合せが殺到しているようです。2~5位は山形県産の枝豆。美味しい枝豆の産地として知られています。

美味しい枝豆の茹で方

枝豆は、冷凍保存もできて、好きな時に好きなだけ食べられるところも魅力ですが、断然茹で立てが風味を失わず、美味しくいただけます。

「美味しい、簡単、ヘルシー」三拍子揃った枝豆は、今やおつまみに、おやつにと、世界中で人気の食べ物。炊きこんだごはんに混ぜたり、炊き込みごはんのかやくとしても、お料理に深い味わいをもたらしてくれる食材でもありますよね。海外でのブレイクを機に、日本人の間でも枝豆の魅力が再認識され、食べる人が増えそうですね。