Topsankaku和食の技sankaku時短料理の救世主!料理研究家…
2015.06.07
時短料理の救世主!料理研究家が開発した便利な万能調味料
時短調味料の代表格と言えば「めんつゆ」ですが、それ以外にも、簡単に料理を美味しく仕上げる万能調味料がたくさんあります。 あの有名な料理研究家が開発した万能調味料も!いつもの料理がひと味もふた味も美味しくなる調味料を紹介します。
和食lab

料理研究家 松本忠子先生の便利調味料「だしみつ」

お砂糖代わりに使うだけで、本格和食の味になると話題の「だしみつ」。 これ一本で美味しいだしまきたまごが簡単につくれます。 液体だから、和え物の味付けに使ったり、ちらし鮨の合わせ酢を簡単に作ることができます。

「だしみつ」の作り方

「だしみつ」は、ご家庭にある調味料で簡単に作ることができます。出汁を濃いめに取るのがポイントです。

中島和代さんの「味しょうゆ」

和食lab
おしょうゆを一煮立ちさせることで、まろやかな味わいに。
そのまま和え物やお浸しの味付けに使えます。かつお節や刻んだ梅干しと混ぜて、即席生ふりかけにも変身!
にんにくや出汁、香辛料でアレンジして、オリジナル味しょうゆも作れます。

中島和代さんの「練り味噌」

和食lab
お豆腐や野菜のディップに「練り味噌」を活用すれば、おかずがもう一品欲しい時に重宝します。 炒め物や焼き物の味付けに使えば時短料理も可能です。

若林三弥子「トマト味噌」

トマトと味噌の合わせ調味料はまさに和風サルサ。グリルしたお肉にかけたり、野菜のディップにしたり、即席おつまみに便利。また、和風ピザトーストにすれば朝食でも活躍します。

トマト味噌で肉味噌を作れば、ご飯との相性も抜群です。
料理を短時間で本格的に仕上げてくれる万能調味料たち。休日に作り置きしておけば、毎日の食卓がワンランクアップすること間違いなし!