Topsankaku和食の名店・達人sankaku【せんべろ居酒屋シリーズ】京…
2015.05.11
【せんべろ居酒屋シリーズ】京成立石編
UPDATE:2016/11/11
せんべろの聖地として知られる京成立石は、街全体が立ち飲み、立ち食いの賑やかな雰囲気に包まれているそうです。 そこで今回は、京成立石で話題となっているお店を紹介します。
和食lab

京成立石で不動の人気を誇る『宇ち多゛(うちだ)』

多くの常連たちに愛されているお店です。 格安なのに上質な「もつ焼き」が人気なのだとか。
お店情報
「もつ焼き」の味付けは、塩、タレ、みそ、素焼きから選ぶことができ、通な人は素焼きを頼むそうです。

煮込みとボールが人気『江戸っ子』

気さくな店員が多いことで評判のお店です。 名物の「ボール」と「煮込み」が人気なのだとか。
お店情報
「ボール」とは氷の入っていないハイボールのことで、時間がたっても味が薄くならないそうです。 みそ仕立ての「煮込み」は、柔らかいモツと豆腐に味が染み込んで絶品なのだとか。

個性的な串揚げが楽しめる『串揚100円ショップ』

サクサクの串揚げが1本100円で楽しめるお店。 単品は1種類2本というルールがあるので、いろいろ味わいたい場合は5本の盛り合わせを頼むと良いとのこと。
お店情報
数ある串揚げの中でも、「コンニャク」や「紅生姜ロール」といった変わり種が人気のようです。

豪快な鳥の唐揚げを楽しめる『鳥房(とりふさ)』

「若鳥の唐揚げ(半身丸揚げ)」が有名なお店。 単に名物というわけではなく、1人1皿必ず注文しなければならないという驚きのルールがあるのだとか。
お店情報
「若鳥の唐揚げ」はサクサクに揚げられた皮の中にジューシーな肉が詰まっており、必須オーダーというルールも納得できるほどの美味しさなのだとか。

素材にこだわる串揚げ屋『毘利軒(びりけん)』

材料とソースにこだわった「串揚げ」のお店。 肉・野菜・魚介の串揚げをソースに浸して食べる、本場大阪の食べ方を楽しめるようです。
お店情報
生ビールに4種類の「串揚げ」が付いてくるセットがお得とのこと。 「串揚げ」はどれもボリューム満点なのだとか。

刺身やうなぎの串焼も楽しめる『ミツワ』

さまざまな種類のもつ焼きを楽しめるお店。新鮮でボリュームたっぷりの「刺身の盛り合わせ」や、「うなぎの串焼き」など、もつ焼き以外のメニューも充実しているのだとか。
お店情報
「もつ焼き」の名店が多いという京成立石。各店で食べ比べをしてみるのも楽しそうですね。

お酒が飲める惣菜屋『倉井ストアー』

店の半分が“お食事処”となっている生鮮食品スーパー。 通称“ハイブリッドスーパー”と呼ばれているのだとか。
お店情報
お酒のおつまみの他に、定食やお弁当も扱っているとのこと。 様々な用途に使える便利なお店のようです。

レトロな雰囲気でお酒が飲める『えびすや食堂』

お酒が飲める昭和レトロな食堂です。 思わずほっとするような懐かしい雰囲気が漂っているのだとか。
お店情報
寒い季節にオススメなのが「湯どうふ」と「ふぐひれ酒」とのこと。 「湯どうふ」は“つけダレ”も温めておいてくれるので、時間がたっても冷めにくいそうです。

職人が握る寿司を楽しめる『栄寿司』

仲見世通りの入り口にある、創業50年の立ち食い寿司店。 職人が目の前で握ってくれるお寿司を100円から食べられるのだとか。
お店情報
お昼から営業を始めて、売り切れになり次第終了とのこと。ネタの新鮮さにこだわっているようです。

手作り餃子の人気店『蘭州(らんしゅう)』

注文を受けてから作り始める餃子のお店。 モチモチの皮にキメ細やかな餡(あん)が包まれているそうです。
お店情報
蘭州名物「水餃子」には裏メニューの“パクチー”をトッピングする食べ方もオススメなのだとか。 “パクチー”が苦手でなければ試してみるのも面白そうですね。

京成立石では一般的な飲み屋だけでなく、惣菜屋や食堂でもお酒を飲むことができるそうです。 「寿司」や「串揚げ」などもリーズナブルな価格で楽しめるので、仕事帰りや休日に立ち寄ってみてはいかがでしょう。