Topsankaku和食の歴史・雑学sankaku【5月】寿司屋で頼むと粋だと…
2015.05.12
【5月】寿司屋で頼むと粋だと思われるネタの豆知識
冷酒やビールをお供に、お寿司がますます美味しく感じられる5月。寿司ネタも夏の訪れを告げる旬のお魚が勢揃い。寿司デートでさりげなく頼むと粋だと思われる5月の旬ネタを紹介します。
和食lab

他の青魚とは一線を画する「トビウオ」

同じ青魚でも、脂ののったイワシやアジとは一味違う旨味のトビウオ。二日酔いに効くと言われているナイアシンを豊富に含んでいます。

5月はヒラメよりも「カレイ」

回転寿司でエンガワと言えばカレイですが、5月からは産卵前のカレイが旬の時期。もちろん、エンガワも、ヒラメに負けず劣らず美味しい時期です。 脂肪分が少なく、高タンパクなので女性にも嬉しいお魚です。

イキの良さが命の「シャコ」

中部や関西地方でよく食されるシャコは、5月が旬。水揚げするとすぐに死んでしまうシャコは新鮮さが命です。コラーゲンをたっぷり含んでいるので美肌にも良いと言われているようです。

脂がのった「イサキ」

5月にうま味たっぷりの脂ののったネタを頂くなら、イサキがおすすめ。年中食べられる魚ですが、産卵前のこの時期は特に脂がのっていて美味です。

5月は肉厚の「アオリイカ」

大きいものでは5kgにも成長するというアオリイカは、スーパーに出回ることは殆どない高級魚です。 肉厚な身は柔らかく、とろけるような甘さです。

夏に旬を迎える魚が出回り始める5月。GWも終わり、ちょっと気が抜けてしまった方も、旬の寿司ネタを食べて、贅沢にパワーをチャージしてみては?