Topsankaku和食の名店・達人sankaku全国のご当地焼きそばが食べら…
2015.08.20
全国のご当地焼きそばが食べられる東京都内の名店
UPDATE:2016/11/4
家庭でもよく食卓に上がるメニューのひとつである焼きそばは、地域によって特徴があるようです。 広い地域で愛されるメニューだからこそ、それぞれに特徴ある「ご当地焼きそば」が誕生したのだとか。 そこで今回は、東京都内で味わえる「ご当地焼きそば」を紹介します。
和食lab

横手焼きそば「みちのく」

秋田県の郷土料理である「横手焼きそば」を提供しているお店です。 「横手焼きそば」は“B1グランプリ”で優勝したこともあり、麺は太くまっすぐ、具はキャベツと豚ひき肉が使われ、目玉焼きが上に乗っているのだとか。
・お店情報
「みちのく」は「横手焼きそば」以外にも、きりたんぽなどの郷土料理を扱っているとのこと。 また、東北地方の地酒を豊富に取り揃えているようです。

富士宮やきそば「焼きそバー」

“B-1グランプリ”でゴールドグランプリを受賞した「富士宮やきそば」を提供しているお店です。 特徴はコシのある食感を生み出す“蒸し麺”を使っていることや、ラードで炒めることなどがあり、“富士宮やきそば学会”によって厳密に定められているのだとか。
・お店情報
「焼きそバー」は“富士宮やきそば学会”に認められたお店で、調理に使われる魚粉や肉かすも富士宮製なのだとか。 飲み屋ですがランチ営業もしており、様々な食材がトッピングされた「富士宮やきそば」を提供しているそうです。

黒石つゆ焼きそば「新橋シャモロック酒場」

「新橋シャモロック酒場」は青森県のご当地グルメ「黒石つゆ焼きそば」を提供しているお店。 「黒石つゆ焼きそば」は、太い平麺に甘辛いソースをかけて作る「黒石やきそば」に“そばつゆ”と揚げ玉をかけたものなのだとか。
・お店情報
「新橋シャモロック酒場」の「黒石つゆ焼きそば」だけでなく、青森地鶏を使った手羽串焼や水炊きも提供しているとのこと。 新橋駅から徒歩3分という立地の良さも魅力です。

日田やきそば「かぶきち」

新宿にある焼きそば専門店です。 鉄板の上でカリカリに焼いた麺に、大量のもやしを入れた大分県の「日田焼きそば」を提供しており、トッピングの生卵は無料でおかわり自由なのだとか。
・お店情報
「かぶきち」は焼きそばのほかに、餃子やソーセージなどのサイドメニューやお酒も扱っているそうです。 年中無休の24時間営業なので、軽く飲みたい時やランチなど、様々な場面で利用できそうですね。

なみえ焼きそば「かもし処 ひょん」

福島県のご当地グルメ「なみえ焼きそば」を提供しているお店です。 極太麺を濃厚ソースで味付けする「なみえ焼きそば」は、元々は労働者のための腹持ちの良いメニューとして考案されたそうです。
・お店情報
“一味唐辛子”を振りかけるのが通な食べ方と言われる「なみえ焼きそば」ですが、「かもし処 ひょん」の場合、“七味にんにく”を振りかけて食べるのがオススメとのこと。 他にもブリのカマ焼きやお刺身など、海鮮系のメニューが豊富なのだとか。

日本各地で親しまれている「焼きそば」ですが、地域によってそれぞれの特色があります。 今では東京に居ながら各地の「ご当地焼きそば」を食べることが出来るので、自分好みの味を見つけるのもオススメです。