Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku「るろ剣」齋藤一の大好物!明…
2014.09.11
「るろ剣」齋藤一の大好物!明治時代のそばって本当はどんなの?
いよいよ映画「るろうに剣心 伝説の最期編」の公開が今週末に迫りましたね。
ということで、先週に引き続き、今回も「るろうに剣心」原作漫画に登場する食のトリビアをひとつ紹介します。
原作漫画での齋藤一は、そば屋で「かけそば」をよく食べている設定でした。現代でこそ、いつでもどこでも、そばが食べられますが、当時のそば事情はどうだったのでしょうか?
和食lab

「るろうに剣心」は蕎麦の消費量を増やしているらしい

こ、これは、無限ループに陥りますね!

9000年前にさかのぼるそばの歴史

和食lab

麺になってから400年

和食lab
穀物としての蕎麦の歴史はかなり長いですが、それに比べると麺の歴史は浅いよう。 それでも、400年の歴史を持つ、伝統食、そば。どのように庶民に広まったのでしょうか?

約70年で3763店増! 脅威の出店ペースで大ブーム

江戸時代に、この出店ペースとは、よほどのブームだったことでしょう。

庶民に広まった江戸時代のそばメニュー

かけそば
お値段のお手頃さも、現代と同じ感覚だったようです。 天ぷら蕎麦に鴨南蛮まであったなんて、メニューも結構豊富ですよね。あられそば、が気になります!

齋藤一も大好物!かけそばの由来

齋藤一が大好きな、かけそばの「かけ」は「ぶっかけ」が由来だったんですね。

ブーム低迷+価格高騰!齋藤一は生まれるのが少し遅かったか!?

江戸時代後期のそば・うどんは、十六文。一串五文だった串団子は、四文銭の普及から、団子の数が五つから四つになり、一串四文だったそうです。明治維新のときは、まだ江戸時代を継承した銭勘定。幕末の物価高騰で、そばの値段が五割もアップしてしまったのだとか。
さまざまな物の値段が高騰した幕末。庶民の味方、蕎麦の値段も5割増だっだそうです。
これを知っていたら、齋藤一は、江戸時代に生まれたかったかもしれないですね。そうなると、「るろうに剣心」には登場しなくなってしまいますが…。

そんななか、明治時代発祥のそばメニューもあった!

和食lab
江戸からはなれ、伝統を重んじた上方では新メニューが出ていた模様。
江戸時代に一大ブームを巻き起こしたそば。意外にも、るろ剣時代には、ブームは落ち着いていたよう。 新しい物が次々出てくる明治時代に、江戸時代、大ブレイクしたそばを愛した齋藤一のキャラクターに、なんだか親近感を覚えてしまいます。
関連タグそば雑学