Topsankaku和食のレシピsankaku花火大会のお供にオススメの和…
2015.07.24
花火大会のお供にオススメの和食のフィンガーフード
今年も花火大会の季節がやってきましたね。花火大会のお供に欠かせないのが片手でつまめるフィンガーフード。浴衣を汚さず、上品に食べられる和食のおつまみを紹介します。
和食lab

「生野菜のピンチョス」

和食lab
野菜も摂りたいけど、サラダだと取り皿が必要で、食べるスペースも必要だったりと、ちょっと食べにくい。そんな時には、一口サイズに切って楊枝に刺せば、片手で食べられるサラダに。予めドレッシングで味を付けておくのが食べやすさのポイントです。

「枝豆のバターしょうゆ炒め」

和食lab
茹でた枝豆では芸がない!日本の夏の風物詩、枝豆をバター醤油で香ばしく炒めて仕上げた一品。もちろんビールによく合います。

「刻みうなぎ入り卵焼き」

和食lab
ちょっと贅沢な気分になれる大人の逸品、う巻き風玉子焼き。夏のおつまみに最適です。

「スペアリブの和風グリル焼き」

和食lab
メインには食べ応えのあるスペアリブのグリルを。大きなオーブンがなくても、魚焼きグリルで十分美味しく焼けます。 小さめにカットされたものを貰えば、より食べやすくなります。和風のタレにしっかり漬け込んで焼くスペアリブは、何と言っても骨の周りがおいしい。手づかみで豪快にいただきたい一品。ビールにもよく合います。

「和風生春巻き」

和食lab
のりと胡麻だれで和風に仕上げた生春巻きはアボカドや、蒸し鶏やエビ、チーズなど、さまざまな具材でアレンジ可能です。 自宅から花火を眺める場合は、お刺身などを入れても良いでしょう。

「ねぎみそつくね」

和食lab
ねぎみそを塗って焼くから、タレをこぼしてしまう心配なし。浴衣の女性にも嬉しいつくねです。

「豚肉とプチトマトの串揚げ」

和食lab
焼きとりでは定番のトマト巻き。その要領でトマトをくるっと豚肉で巻いてフライに。トマトの旨味で、ソースいらず!お塩でいただくのもおすすめです。

「鶏のから揚げ」

和食lab
鶏のから揚げはみんな大好きな鉄板メニュー。冷めても美味しくいただけるように、下味をしっかりつけて。

「ゴーヤの唐揚げ」

和食lab
スナック感覚でいただけるゴーヤのから揚げは、ほろ苦い大人の味で、お酒がすすみます。 串揚げや唐揚げを作るついでに、もう一品いかがですか?

「豚みそのラップおにぎり」

和食lab
お酒の〆におすすめなのが、豚みそのおにぎり。大葉の清涼感でちょっぴり大人の味に。

花火大会は、サラダから〆のおにぎりまで、片手で気軽につまめるフィンガーフードのフルコースで、スマートに! 大切な仲間と美しい花火にうっとりしながら、夏の夜を過ごしてみては?