Topsankaku和食のレシピsankakuウナギに使うだけじゃもったい…
2015.08.18
ウナギに使うだけじゃもったいない!山椒活用和食レシピ
うなぎには欠かせないスパイス「山椒」ですが、土用の丑の日に買ってから冷蔵庫の奥に入ったまま、という方もいるのでは?キレのある香りにピリッとした辛味のある山椒は、食欲を高めてくれる効果があります。山椒は香りが飛びやすいため、できる限り早めに使い切りたいもの。そこで山椒を使ったレシピを紹介します。
和ab

「なすとトマトの和風麻婆」

和食lab
トマトで甘めに仕上げた和風麻婆。お子様はそのままで、大人たちは山椒をたっぷりかければお酒が進む一品に。

「たけのこの唐揚げ」

和食lab
あらかじめ本つゆで下味をつけるから、スナック感覚でいただけるたけのこのから揚げです。
たけのこの水煮の他にも、レンコン、ごぼうで作っても。仕上げの山椒がピリッと効いておつまみにぴったりな一品です。

「牛肉の山椒焼き 白菜添え 」

和食lab
りんごとハチミツ、バターのコクのある甘めのソースにたっぷりの粉山椒で下味をつけたスパイシーの牛肉の意外な組み合わせ。 山椒の辛味が後をひくおいしさです。

「さわらの山椒焼き」

和食lab
焼き魚の仕上げにも山椒を一振り。食べる直前にかけるのが香りを楽しむポイントです。

「ひき肉の香り炒めと卵の玄米ご飯のせ」

和食lab
山椒の香りが食欲をそそる、スタミナワンプレートメニューです。ピリッと辛い肉そぼろがふんわり甘いスクランブルエッグとよく合います。

他にも和風ドレッシングのサラダ、冷奴や冷やしうどんの薬味にもおいしく使えます。熱で香りが飛びやすいので、料理の一番最後に使うのが基本。 お肉やお魚の下味として使うときはたっぷり使うのがおいしく作るポイントです。 うなぎだけではもったいない!キレのある香りの食欲をそそる山椒で、夏バテ解消メニューに挑戦してみては?
関連タグうなぎ調味料