Topsankaku和食の研究sankaku鮭のお頭が美容食として注目!…
2015.08.27
鮭のお頭が美容食として注目!青森の郷土料理「氷頭なます」がおすすめ?
青森の郷土料理「氷頭(ひず)なます」に含まれる成分「プロテオグリカン」が、美肌に効果的と注目されています。
そこで話題のプロテオグリカンの効果と、美肌のために食べたい鮭のお頭をまるごと使ったレシピを紹介します。
和食lob

青森名物「氷頭なます」って知っていますか?

「氷頭なます」とは氷頭=サケの鼻軟骨を薄くスライスし、大根やにんじんと一緒に甘酢に漬けたもの。青森では、おせちなど、特別な日の料理として振る舞われます。コリコリとした食感で日本酒によく合うため、おつまみとしても人気なんです。

氷頭には美肌に効く「プロテオグリカン」がたっぷり!

氷頭こと、サケの鼻軟骨にはこのプロテオグリカンがたっぷり含まれています。
プロテオグリカンは研究が始まった1980年当初はウシの器官軟骨などから抽出していましたが、手間がかかる上に精製量がわずかなことから1グラム3000万円という超高級品だったとか。
現在はお酢を使用して鮭からプロテオグリカンを溶かし出す技術が開発され、話題になっています。

プロテオグリカンの美肌効果はいかに?

美容にに嬉しい効果がたくさんのプロテオグリカン。サプリメントやスキンケア製品でもプロテオグリカン配合のものが増えています。
スキンケアに使うのも良いですが、食事で取り入れることも可能です。そこで、プロテオグリカンを含んだ鮭のお頭を使った美容レシピを紹介します。

鮭のお頭のあら煮

鮭の頭を圧力鍋でやわらかく煮込めば、氷頭もおいしくいただけます。アラが手に入ったら、まとめて作って冷凍保存も良さそうですね。

鮭のお頭のあら汁

鮭の頭はをしっかり煮込んだら、お味噌、醤油を加えてあら汁に。お野菜やお豆腐をたっぷり加えれば栄養バランスも良い一皿に。

鮭のお頭の炊き込みご飯

煮込んだ鮭の頭の身をほぐし、軟骨は刻みます。炊飯器にご飯と鮭の身、軟骨を入れ、醤油、みりん、生姜で味付けした煮汁を加えて炊き込んで。

お手頃価格で手に入る鮭のお頭で美容食が作れるとあっては、試さない手はない!
夏の日差しとクーラーの乾燥でダメージを受けたお肌をケアするために、食事に取り入れてみては?