Topsankaku和食のレシピsankaku干物がフレンチに変身?焼くだ…
2015.09.19
干物がフレンチに変身?焼くだけじゃない干物調理法
魚を乾燥させることで旨味が凝縮されている干物は、焼くだけで美味しい日本の代表的なおかずです。 最近では、干物をフレンチにアレンジしたヤマカ水産の「Pecheur(ペッシュール)」が話題になっています。そんなペッシュールと、実はいろいろ楽しめる干物のアレンジレシピを紹介します。
和食lab

干物でフレンチ!話題の「Pecheur(ペッシュール)」

保存料や着色料などの添加物は使用せず、静岡県内の生の魚介類を使って丁寧に仕上げた「himono」とオリーブオイル、特製ソースがセットになった「ペッシュール」の干物セットは、ごはんにはもちろんパンとも相性抜群です。 冷凍していないのでふわっとした食感とジューシーさが特徴です。 賞味期限は2〜3日ですが、2~3人前の使い切りサイズのセットになっているので安心です。少人数の家族にも、また数種類お取り寄せしていろんな魚を味わうのもおすすめです。

フライパンで焼くだけの簡単調理

ペッシュールの干物はフライパンで焼くだけの簡単調理!グリルがない小さなキッチンでも調理できます。 焼くときに使用するオイルも、調味用のソースも全部セットされているのでギフトにもおすすめです。

フライパン1つで手軽にできる手軽さは魅力ですよね。 他にも、もっと干物を楽しめるアレンジレシピを紹介します。

干物のバターソテー

市販の干物もバターソテーでいつもとは違った表情に。干物に塩分があるので、無塩バターを使って焼くのがおすすめです。

野菜もたっぷりいただける、干物マリネ

炙った干物をスライスした野菜と一緒にマリネ液に漬け込んで。 干物の出汁がマリネ液に染み込んで野菜も美味しくいただけます。

干物の出汁が効いた炊き込みご飯

炊飯器にお米をセットし、干物をのせて炊いてみて。干物の身はふっくらして、ご飯には美味しい魚の旨味が染み込んむので絶品の炊き込みごはんになります。

残り物でも美味しくできる 干物チャーハン

炙った干物をほぐしてチャーハンの具に。魚の出汁で美味しい和風チャーハンの完成です。身をほぐしてあるのでお子様にも食べやすくお弁当にも最適。残り物の干物でも作れます。

干物でパスタも美味しくなる

お魚の旨味がぎゅっとつまった干物はパスタの具にもぴったりです。ペペロンチーノ、トマトソース、しょうゆの和風パスタなど、いろいろなバリエーションで楽しめます。

魚をさばく手間がいらず、調理がとっても簡単な干物を上手に使えば、お魚をもっと手軽に楽しむことができます。 日本の伝統的な保存食「干物」で、新たな料理にチャレンジしてみては?
関連タグ保存炒め物