Topsankaku和食の名店・達人sankakuカラフルでかわいいと評判の手…
2015.09.29
カラフルでかわいいと評判の手織り寿司って何?
京都といえばおしゃれでヘルシーな町家カフェやレストランがたくさんありますが、今一番注目なのが「手織り寿司」で人気のAWOMB(アウーム)。モダンにリノベーションされたおしゃれな空間でいただく、手巻き寿司ならぬ「手織り寿司」とは?人気の秘密に迫ります。
和食lab

手織り寿司の AWOMB(アウーム)

町家を改装した築80年ほどの落ち着いた長家は京都らしさ抜群。 モダンな内装に寿司ネタの彩りが映えます。

おばんざいを小さな巻きすに乗せていただきます

京野菜を使ったおばんざいのネタと一緒に調味料もきれいに盛り付けられています。季節を感じる旬野菜を使ったおばんざいにお好みで薬味・調味料を添えていただきます。 調味料の中にはチョコレートがあったり、意外な組み合わせが発見できるのも人気の理由の一つです。

リーズナブルな値段設定も魅力

アウームの手織りずしメニューは京野菜のおばんざい中心の「並」に、お魚も楽しめる「上」、特選素材も入った「特上」の3種類。
リーズナブルな価格設定も人気の秘密です。
手織りずし 並 1,680円
手織りずし 上 2,340円
手織りずし 特上 2,970円

オリジナルのデザート・ドリンクも充実!

京都といえば、和スイーツ。定番の白味噌のプリンはデザートに人気です。 自家製のジンジャーエールなどドリンクも豊富。どのメニューも美味しいのはもちろん、おしゃれなビジュアルです。

ランチは行列必須!早めの時間がおすすめです。

ランチは予約不可で、2時間待ちは当たり前の人気店。訪れる場合は早めに来ることをおすすめします。 ディナーは1人から予約できるので、京都の一人旅にも使えます。

食べるのがもったいないほどのおしゃれなビジュアルの手織り寿司。丁寧に仕込まれたネタや薬味・調味料を自分で織っていただくときは、食べることを大切に感じられる癒しの瞬間です。秋の京都で、食べることの楽しさを再発見できそうな「手織り寿司」を体験してみては?