Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku期間限定!一風変わった夏の和…
2014.07.30
期間限定!一風変わった夏の和スイーツ「かき氷」があるお店
UPDATE:2016/7/15
暑い夏の日にひんやりとした「かき氷」を食べるのは至福の時間。 最近では通年食べることのできるかき氷専門店も増えていますが、今回は特別感を味わえる夏季限定で絶品と評判の「かき氷」を提供している都内のお店を集めてみました。
かき氷

断崖絶壁!?迫力満点「志むら」

目白にある「志むら」は果肉たっぷりの生いちごのかき氷が人気なんだそう。 断崖絶壁のような見た目でたっぷりとシロップがかかっているので、思わず写真を撮りたくなってしまいますね。 100円をプラスすれば南アルプス八ヶ岳の天然氷に変更できるのも魅力のひとつです。
お店情報
「いちご」や「あんず」などフルーツを使ったものの他にも、甘酒としょうがシロップをかける「吟醸甘酒」などの変わり種メニューもあり、大人も楽しめる贅沢なかき氷になっています。 期間限定のかき氷もあるので、行く度に新しい味が楽しめるのも人気の秘密なのかも。 冬季にもかき氷の提供がある場合もありますが、基本的には10月末までの期間限定となっているようです。

驚きがいっぱいの豪華かき氷「ちもと」

都立大学駅にある「ちもと」の人気メニューは「おまかせコース」。 抹茶と練乳の2つのシロップがかかった迫力満点のかき氷です。 驚きなのは氷の下に隠されている和菓子の数々。売り切れ必至の「八雲もち」も入ったお得なかき氷になっているとのこと。
お店情報
開店時間に並んでも、食べられるのが夕方になってしまうこともあるという人気店なので、早めに行くのがオススメ。 毎年、かき氷は7月中旬ころから9月中旬まで提供しているそうです。

夏はかき氷専門店に変身!「たいやき そら」

普段はたい焼きを売っている「たいやき そら」ですが、7月~9月の間だけ「かき氷 そら」に変わるお店。 たい焼き屋さんだけあって、あんこが絶品だと評判です。
お店情報
全て自家製のシロップなので、フルーツを使ったメニューもオススメなんだとか。 八ヶ岳の天然氷を使っていて、ふわふわの氷とシロップの相性がバッチリです。

期間限定!昼だけの営業「かき氷 Ryan 四谷荒木町」

夏の間、スナックを間借りして昼だけ営業しているお店です。 定番のいちごシロップやブルーハワイもありますが、人気なのは「いちじくチーズはちみつ」などの変わり種メニューだそうです。
お店情報
今年の営業はまだ始まっていないようですので、ホームページやTwitterで営業情報をチェックしてみると良いかも。 ちなみに、2015年の営業は8月1日から10月31日まででしたので、オープン情報を楽しみに待っていましょう。

【かき氷トリビア】天然氷はキーンとしない?

天然氷で作ったかき氷は頭がキーンとしない!と言われることがありますが、それには氷の温度と削り方に秘密があるのだそうです。
かき氷はマイナス5度程度の温度で削るのが良いのだとか。 すると口当たりの良いふんわりとしたかき氷になるんだそうです。 また、かき氷機の刃もポイント。繊細に削られた氷は口の中ですぐに溶けるので頭が痛くなりにくいとのこと。
天然氷でなくても、温度と削り方で頭がキーンとしないかき氷を作ることができるとは驚きですね。
夏の暑い時期にできたてのフワフワかき氷を食べるのは贅沢なひと時。 期間限定だからこその特別感も味わえます。 お休みの日には絶品のかき氷を食べに出かけてみてはいかがでしょう。