Topsankaku和食のレシピsankakuヘルシーに食べられる!…
2015.10.22
ヘルシーに食べられる! 「麩」を使った和スイーツレシピ
UPDATE:2016/10/7
みそ汁や煮物の具材として使われることの多い「麩」は、低カロリーで「たんぱく質」を多く含んでいるのだとか。 甘いものは食べたいけれどカロリーが気になるとき、「麩」はダイエットの強い味方になるかも知れません。 そこで、ヘルシーな「麩」を使った和スイーツレシピを紹介します。
和食lab

「麩」の栄養

「麩」は「たんぱく質」以外にも、「カルシウム」や「亜鉛」などの「ミネラル」が多く含まれているおり、健康のためには食べておきたい食材とのこと。さらに「麩」は脂肪が少なく消化に良いので、ダイエット中の人だけでなくお年寄りや子供にもオススメなのだとか。
「麩」に含まれる「たんぱく質」は植物性のため、動物性の「たんぱく質」に比べてヘルシーで吸収されやすいのだとか。 さらに「麩」は水分を吸収しやすく満腹感を得やすい食材なので、食事の量を減らすのに一役買ってくれるそうです。

麩を使った和スイーツレシピ①「お麩のきな粉ラスク」

「麩」をラスク風に香ばしく焼いた和スイーツです。 お手軽に作れるレシピなので、「麩」が余ってしまった時などにオススメです。
消化に良い「麩」を使っているので、離乳食にしても良いそうです。 よりヘルシーに作りたい場合は、甜菜糖(てんさいとう)や砂糖を使わずに作っても良いとのこと。

麩を使った和スイーツレシピ②「もち麸みたらし団子」

「もち麸」を「団子」に見立て、甘辛い味付けをした和スイーツです。 下ごしらえとして、「もち麸」はぬるま湯につけてもどすのがポイントとのこと。
「もち麩」に串をさす場合は、焼く前にさすのがポイントなのだとか。 串を使わずに調理しても良いとのこと。

麩を使った和スイーツレシピ③「お麩かりんとう」

「麩」に「黒糖」を加えて「かりんとう」風にする和スイーツです。さっくりとした軽い食感が楽しめるようです。
電子レンジのみで調理するので簡単に作ることができるそうです。 サラダ油を使わずに作ることもでき、その場合は「ふ菓子」のような食感になるのだとか。

麩を使った和スイーツレシピ④「枝豆豆腐ティラミス」

スポンジの代わりに「麩」を使った和スイーツです。 クリームチーズを使わずに「豆腐」で代用し、仕上げに「抹茶」を振りかけるなど、和の風味を楽しめるヘルシーなティラミスなのだとか。 「豆腐」に重ねる「枝豆あん」のコリコリとした食感がアクセントになるそうです。
完成後に冷蔵庫で一晩寝かせると、「麩」と「豆腐」が馴染んでまろやかな味わいになるそうです。 また、「枝豆あん」を作る時はブレンダーの代わりにフードプロセッサーやすり鉢を使っても良いのだとか。

【おまけ】可愛いデザインの「麩」

昔から「みそ汁」などに使われることの多い「麩」ですが、今ではカラフルなものや可愛いデザインのものも発売されているそうです。 これらの「麩」を使って和スイーツを作ってみるのも面白いかも知れません。

お手頃な値段で手に入る「麩」は、保存も可能で様々な料理で活躍します。 「たんぱく質」も豊富でヘルシーな「麩」を上手に活用して、低カロリーな和スイーツを作ってみてはいかがでしょう。
「麩」でご飯のおかずを作りたい場合は、『肉の代わりにヘルシーな「お麩」を使った和食アレンジレシピ』も参考にしてみてください。