Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku食べるのがもったいなくなる?…
2015.10.16
食べるのがもったいなくなる?アートな「Make Sushi」がすごい!
日本の寿司が海外で独自の進化を遂げていることをご存知でしょうか? アボカドや白ゴマを使用したカリフォルニアロールもその一つですが、今回はDavy Devaux氏による芸術的な創作寿司「Make Sushi」をご紹介します。
寿司

ハロウィン寿司ボール

ハロウィンパーティーにぴったりのかわいいメイクスシです。かぼちゃの顔は海苔とスモークサーモン、蜘蛛の巣は海苔とマヨネーズでできています。アイディア次第で色々応用できそうですね。

ドラゴン寿司

ウナギやタコが合体してドラゴンが誕生しました。数あるメイクスシの中でも見た目の豪華さは随一! 龍は縁起物なので、おめでたい席にも良いかも知れません。

モザイク寿司

幾何学的な模様はまさに芸術。様々な具材がぎっしり詰め込まれているので、食べたら複雑な味わいが口の中に広がりそう!

満月寿司

8個の巻き寿司で満月を表現するアイディア寿司です。キュウリを正確にカットするのがコツ。空気が澄んで月がきれいに見えるこれからの季節、この満月寿司を主役に寿司パーティーなどいかがでしょうか?

デコ寿司にチャレンジ!

細かいパーツを組み合わせるアートな巻き寿司は難しい…という方は、こんな感じのデコレーション寿司からチャレンジしてみると良いのではないでしょうか。
「Make Sushi」のレシピ動画は英語ですが、ゆっくり丁寧に動作を見せてくれるので作業工程がわかりやすいはずです。これをヒントにあなただけのオリジナル創作寿司を考案してみては?
関連タグすし海外