Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuブーム到来?ワイングラスで味…
2015.10.29
ブーム到来?ワイングラスで味わいたい高級日本茶
ペットボトルのお茶の登場で「日本茶といえば自宅で淹れて飲むもの」という常識が覆されて早十数年。お茶の世界はさらに進化して、高級な「瓶入り」お茶が今話題になっています。 日本茶派の方にはもちろん、普段はコーヒー・紅茶派という方にこそ試してほしい、こだわりの日本茶を紹介します。
和食lab

1本30万円のお茶も!「ロイヤルブルーティー」

農林水産大臣賞受賞の茶葉を使った煎茶「雅」はワインボトルに桐箱で包まれた最高ラインで、1本なんと30万円(税別)。 美味しい茶葉を美味しい水で最高の状態で抽出した、まさに最高級のお茶です。 本物の高級茶の「色・香・味」を伝えるために、 「茶葉と水」だけの完全無添加で茶葉摘みからボトル詰めまで手作業にこだわった一本。 特別なギフトなどに選んでみては?

ミシュラン三つ星店のお墨付き

ロイヤルブルーティーは煎茶だけでなく、紅茶やウーロン茶、ほうじ茶のボトルドティーもあり、JALのファーストクラスやミシュラン3つ星店でも採用されているお墨付きのお茶。 お食事との相性も良く、アルコール感覚で楽しめる大人の味わいです。

鹿児島 下堂園茶舗の 「ボトリング吟穣茶」

創業60年の鹿児島茶専門店「下堂園(しもどうぞの)」も「ボトリング吟穣茶」を販売しています。 茶葉は自社農園「ビオ・ファーム」や契約農家で作られた有機栽培茶、無肥料無農薬自然栽培茶を使用し、加熱しない独自の抽出方法と茶葉に合わせたこだわりの水で淹れた、ベストコンディションのお茶がボトルでいただけます。 ミラノ万博にも出品されています。
下堂園が輸入する緑茶チョコレート「GREEN KISS」とともに、鹿児島の新名物ともなっています。

下堂園の日本茶専門カフェ「CHAHO」

下堂園のカフェ、「CHAHO」ではワイングラスでいただく水出し煎茶が人気。 他にも、お茶に合うフードメニューはおしゃれで多く女性を中心に人気です。

1本1000円のお〜いお茶「瓶 お~いお茶 玉露」

「お〜いお茶」から瓶入りのプレミアムティーが10月26日(月)に発売されました。 新茶の時期に期間限定で出ていた瓶入りシリーズですが、玉露を使って完全受注生産で販売されるとのこと。おもてなしの際に、アルコールが飲めない方用に用意しておくと喜ばれそうです。

無農薬有機栽培にこだわって30年!蔵前「TEA NAKAMURA」

自宅で淹れるあったかいお茶が好き!という方におすすめなのが、蔵前にある「TEA NAKAMURA」。 置いておくだけで様になるおしゃれな茶筒に入っているのは、無農薬有機栽培にこだわったお茶。まるでコーヒーショップのような男性も入りやすい素朴なインテリアの店内でのお茶選びも楽しめます。

手軽な「粉末茶」も人気

茶葉の他にも手軽にいただける粉末茶や、水出し煎茶を簡単に作れる茶漉し付きボトルやレザーの茶筒カバーなどのグッズも販売。もっと気軽に、美味しいお茶を楽しむためのラインナップも充実しています。

茶葉だけでなく、水、淹れ方にもこだわったボトルドティー。ワインのようにじっくりと味わって飲むことができそうです。お茶好きの方や、アルコールが苦手な方へのプレミアムギフトとしてはもちろんのこと、外食やおもてなしの際のノンアルコール飲料として、ドライバーやお酒が飲めない方にも人気が高まりそうな予感です。