Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku寒い冬も怖くない!?蒸ししょ…
2015.11.29
寒い冬も怖くない!?蒸ししょうがで身体の中から温活しよう
体を温めてくれて、冷えに効くというしょうがは生よりももっと効率良く体を温めてくれる方法があることを知っていましたか?冷え対策に効果絶大、ダイエットにもおすすめで、しかも保存も可能な「蒸ししょうが」の効果と作り方を紹介します。
和食lab

冷え対策には生より「蒸ししょうが」がおすすめ!

刻んだり、すりおろしたり、生でも料理に大活躍の「しょうが」ですが、「蒸ししょうが」にすると体を温める効果が増えると話題になっています。生のしょうがと蒸ししょうが、その栄養効果の違いは何なんでしょうか。

蒸ししょうがで高まる「ショウガオール」の効果

しょうがの辛味成分「ジンゲロール」は加熱することで新陳代謝を活発にする「ショウガオール」に変化します。加熱して乾燥させた「蒸ししょうが」なら、体を温め新陳代謝を活発にしてくれる「ショウガオール」の効果を最大限に発揮できるのです。

蒸ししょうがの作り方

蒸ししょうが作り方はとってもシンプル。スライスしたしょうがを蒸して、乾燥させたものをすり鉢などで粉末にすれば完成です。 天日干しさせるスペースのない方は、低温のオーブンで乾燥させることも可能です。

お茶や料理にかけるだけ

和食lab
パウダーになった蒸ししょうがの使い方はとても簡単。紅茶やお味噌汁、麺類などにそのままかけるだけで簡単に取り入れられます。 これなら毎日続けられそうですよね。

市販のパウダーを活用しても

蒸ししょうがはパウダーで市販されています。小さな瓶に入ったものを持ち歩いて、ランチや外食時に使うのもおすすめです。

おなじみのしょうがを「蒸ししょうが」で取り入れるだけで体を温めてくれる効果が増えるのは嬉しいですよね。 まずは市販のパウダーから、蒸ししょうがで身体の中から温活、始めてみては?