Topsankaku和食の名店・達人sankaku年末の風物詩・酉の市とグルメ…
2015.11.14
年末の風物詩・酉の市とグルメを楽しむ浅草巡り
酉の祭、大酉祭、お酉様とも呼ばれる年末の風物詩・酉の市の季節になりました。 午前0時から24時間続けられる酉の市に縁起熊手を求めて訪れる方も多いのでは? 都内の様々な場所で開催されていますが、最もにぎわう浅草の酉の市と周辺グルメを紹介します。
和食lab

「酉の市」とは?

和食lab
酉の市でにぎわう浅草は、隣り合う神社とお寺で開催されるため、両方のお酉さまにご利益をお願いできる場所となっています。 今年の一の酉は終わってしまいましたが、二の酉が11月17日(火)、三の酉が11月29日(日)となっています。
この市で売られている熊手は、商売繁盛・開運招福を願う縁起物で、玄関や居間などの目線より高い位置に飾るのが良いそうです。 正面を北に向けて飾るのは避けてくださいね。

浅草鷲神社

関東三大酉の市の一つ、浅草鷲神社。 酉の市にのみ授与される「かっこめ(熊手御守)」を最初に授与された方は、一番福の純金小判がいただけるとか。

酉の寺・長國寺

鷲神社のお隣りにある長國寺は浅草酉の市発祥の寺と言われています。 火事が多くなると言われている三の酉まである今年は、江戸火消しのまといに見立てた火除守りも授与されます。

駒形どぜう 本店

酉の市を訪れた際におすすめの浅草ならではの名店を紹介します。
江戸時代の佇まいそのままを残す老舗で、江戸生れの鍋料理「どぜうなべ」、「柳川なべ」をいただけます。
11月からは冬季限定の「なまずなべ」も楽しめます。

大黒家天麩羅 本店

創業明治20年の老舗天ぷら屋さんです。 ボリューム満点の天丼をいただくことができます。 お昼は行列必至ですので、ゆっくりと過ごしたい方は夜に訪れるのがおすすめです。

三島屋

軽食やおやつタイムに寄るのにぴったりの昔ながらのお店です。 お好み焼き、もんじゃ焼き、今川焼などの下町の味がリーズナブルにいただけます。 焼き立てアツアツの今川焼は絶品だそう。

大学いも 千葉屋

今の季節に嬉しいお芋スイーツをいただけるお店です。 パリパリ食感の切り揚げと、ホクホクの大学いも、シンプルなふかし芋と懐かしさのある素朴な味を楽しめます。 大学いもは持ち帰って一日おいてから食べると味がさらに染みて絶品だそう。

酉の市は一日中開催されていますので、平日でも出勤前や帰宅前に寄ることができますよ。 今年の三の酉は日曜ですので、家族や友達と一緒に浅草めぐりをするのも楽しいですね。