Topsankaku和食の歴史・雑学sankaku真田幸村ゆかりの地・長野県上…
2015.12.08
真田幸村ゆかりの地・長野県上田市で食べたいご当地グルメ
好きな戦国武将のランキングでは必ずと言っていいほど上位にランクインする真田幸村。来年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主人公として、今まで以上に脚光を浴びています。今回は、かつて真田一族が拠点を置いた長野県上田市のご当地グルメをご紹介します。
真田幸村

そば

長野県はそば処として有名な土地ですが、上田市にも名店が多く、地元産のそば粉を使った香り高いそばが食べられます。お店ごとの個性があるので、そば巡りをしたら色々な発見があるかもしれません。

つけば料理

「つけば」とは川魚を獲る仕掛けのこと。春から初夏のシーズンには千曲川沿いに仮設の「つけば小屋」がオープンし、ウグイやアユなどを塩焼きや唐揚げでいただくことができます。

美味だれ焼き鳥

「美味だれ」とはすりおろしにんにくが入った醤油ベースのたれのことで、「おいだれ」と読みます。昭和30年代、上田市にある焼き鳥屋「鳥正」の初代店主である宮下正三さんが仲間たちと考案したものだそうです。

韃靼そば茶

韃靼そばに非常に多く含まれる「ルチン」は、抗酸化作用のあるポリフェノールと似た働きを持ち、美容に効果的と言われています。その含有量は普通のそばのなんと100~120倍! 独特な苦みがありますが、慣れるとくせになる味です。

りんご

上田市では晴天率が高く気温の日較差が大きい「内陸性気候」を活かし、甘くて歯ざわりの良いりんごが生産されています。有名な「つがる」や「ふじ」の他に、「秋映え」・「シナノスイート」・「シナノゴールド」といった信州オリジナルの品種もあるそうです。
上田市にはそば・川魚・りんご等、体に良い食べ物がたくさんあるようですね。真田幸村を追いかけて旅をしたら、知らず知らずのうちに健康になっているかも?