Topsankaku和食のレシピsankaku冬の定番和食が絶品料理に!お…
2015.12.03
冬の定番和食が絶品料理に!おでんリメイク術
冬を代表する料理の一つ、おでん。ついついたくさん作りすぎてしまう料理でもありますよね。 だしがしっかり染み込んだおでんは翌日食べても美味しいですが、アレンジをするとさらに美味しくいただけます。
「マツコの知らない世界」(TBS系)で放送された「おでんホットサンド」が話題になっていますが、 知っているともっとおでんを作りたくなる!絶品アレンジレシピを紹介します。
和食lab

だしが効いて美味しい「和風カレー」

おでんの残りをカレーにリメイク。和風だしが効いて美味しいカレーに仕上がります。具を足してももちろんOK。 ルーをそのまま入れても、カレー粉だけでスープカレー仕立てにして、片栗粉を入れてカレー丼やカレーうどんにも。おでんカレーだけでも多彩にアレンジできます。

お味噌を足して「どて炊き」

おでんの牛スジ、こんにゃく、大根、にんじんを小さく切ってお味噌をプラス。七味をかけていただくと、おつまみに最適です。

意外な組み合わせ「お好み焼き」

おでんのだしがたっぷり染み込んだ、こんにゃくやさつま揚げ、牛スジはお好み焼きの具に最適なんです。おでんだしはお好み焼きの生地作りにも使えます。

おでんだしで「卯の花」

おでんの美味しいだしをおからにたっぷり染み込ませて。にんじんやさつま揚げ、はんぺんなど具を刻んで一緒に炒り煮すれば具沢山の卯の花になります。

「茶碗蒸し」もおでんを使えば簡単

おでん汁に溶き卵を加えて蒸し器やレンジで蒸すだけ!作るのが難しいイメージの茶碗蒸しも簡単に作れます。

おでんだしでご飯も美味しく

おでんのだしでご飯を炊けば簡単に炊き込みご飯も完成します。 また、白ご飯におでんだしを入れて卵でとじれば雑炊の完成。チーズを入れて洋風にアレンジしても美味しいです。
だしと醤油でシンプルに味付けするおでんはアレンジ自在の万能メニュー。 忙しい時こそ、たっぷり作っておけばアレンジメニューで時短料理も可能!おすすめです。