Topsankaku和食のレシピsankaku種類によって効果も変化 ヘル…
2016.02.05
種類によって効果も変化 ヘルシーで家計に優しいもやしレシピ
年中手頃に手に入る「もやし」は家計に優しいだけじゃなかった!実は体にうれしい成分がたっぷり含まれている「もやし」は、種類によって味だけでなく効能も違うって知っていましたか? 「もやし」を使って体にもお財布にもうれしいレシピを紹介します。
和ab

もやしの栄養価は?

和食lab
成分のほとんどを水分が占めるため、栄養価がほとんどないと思われがちなもやしですが、ビタミン、ミネラル、食物繊維も含んでいます。 他に、もやしは種類別に栄養価も少しずつ違ってきます。

緑豆もやし

定番の緑豆もやしは風邪の引き始めにおすすめ。スープやお味噌汁に入れていただくと体も温まります

具材たっぷり身体が温まるスープ

緑豆もやしとお好みの野菜、お肉や魚を入れたスープはそれだけで大満足の一品に。 リゾットにアレンジするのもおすすめです。

ブラックマッペ

クセのないブラックマッペはコレステロール値が気になる方におすすめです。 青臭さも少ないので、つくねやハンバーグのかさましや、お肉料理の付け合わせにおすすめです。

ダイエットにもおすすめ「もやしぎっしりハンバーグ」

和食lab
ボリューム満点のハンバーグも、クセのないブラックマッペを加えて低カロリーに。 ヘルシーなうえに節約もできて一石二鳥です!

豆もやし

パリパリとした歯ごたえが美味しい豆もやしは味はもちろんのこと、利尿作用やむくみ改善効果もあるのでお酒のおつまみにおすすめです。

お酒を飲むなら一緒に食べたい「豆もやしの桜えび炒め」

和食lab
二日酔いに効果的な大豆もやしを使った簡単な一品です。

むくみが気になる時に「豆もやしとにらのスープ」

和食lab
むくみが気になる時に食べたい和風だしのスープです。二日酔いにもおすすめです。

冬太り解消のダイエットにも効果的なもやしは体にも、お財布にも優しい野菜です。 どんな食材とも相性が良いもやしのアレンジレシピをマスターして、レパートリーを増やしましょう。