Topsankaku和食を彩る雑貨・道具sankaku冬に大活躍の土鍋の上手なお手…
2015.12.09
冬に大活躍の土鍋の上手なお手入れ法
水炊き・湯豆腐・キムチ鍋など、寒い冬に大活躍してくれる土鍋。土鍋はその名の通り土で出来ているので、新品をおろす時や洗う時は少し注意が必要です。今回は土鍋を長持ちさせる上手なお手入れ法をご紹介します。
土鍋

新品の土鍋はまず「目止め」

新品の土鍋には細かな穴がたくさん開いているので、でんぷん質で埋める必要があります。この作業を「目止め」といいます。

「目止め」はおかゆでも可

米のとぎ汁や米ぬかを使う他に、おかゆを作ることでも「目止め」になります。但し、土鍋に梱包材の匂いがついている時は、おかゆにその匂いがうつってしまうことがあるそうです。

土鍋の洗い方

土鍋は水分を吸う性質があるので、つけおき洗いは適しません。流水で手早く洗いましょう。

コゲ・カビの対処法

使っているうちにどうしてもコゲついてしまうことがあります。クレンザーやたわしでごしごしこすらず、中性洗剤やぬるま湯で落としましょう。また、卵の殻でこすることでも落とせます。

匂いの消し方

生魚などの素材を調理すると、その匂いが土鍋についてしまうことがあります。そんな時は茶殻を使って消臭することができます。
お手入れに少し手間はかかりますが、その分使い込むほどに愛着がわくはず。土鍋を上手に使いこなして楽しく冬を過ごしましょう。
関連タグ調理器具