Topsankaku和食の名店・達人sankaku海外でも大人気!東京でも食べ…
2015.12.17
海外でも大人気!東京でも食べられる喜多方ラーメンの名店
日本国内だけでなくアメリカでも人気の「喜多方ラーメン」ですが、タイへの輸出が決まり、今まで以上に注目が集まっています。そこで、「喜多方ラーメン」の特徴とともに東京でも食べられる「喜多方ラーメン」の名店をご紹介します。
ラーメン

「喜多方ラーメン」の特徴

「喜多方ラーメン」の特徴は、柔らかで弾力がある食感の縮れ麺と、さっぱりとクセのないスープです。また、焼豚が多くトッピングされているのも特徴で、豚の旨味や脂身がスープに風味を与えています。

八丁堀:煮干しの喜多方ラーメンが人気「麺や 七彩」

こちらのお店は醤油系だけでなく、煮干しの喜多方ラーメンも味わえます。打ち立ての麺はモチモチとした食感で、小麦の風味を楽しむことができ、コクのあるスープと絡めれば絶品です。

小金井:大ぶりの焼豚が人気「くじら食堂」

喜多方ラーメンといえば焼豚ですが、こちらのお店は大ぶりの焼豚が人気です。鶏ガラや豚ガラを使った動物系のスープはさっぱりとした味わいながら物足りなさは無く、幅広の麺と良く合います。

稲荷町:まったり醤油「喜多方食堂」

こちらのお店では「すっきり」と「まったり」のふたつの味わいが楽しめます。「まったり」は背脂がふんだんに使われていますが、見た目と違ってしつこくなく、優しい味となっています。また、辛さを売りとした「きたかタンタン麺」も人気で、こちらは麺が短く切られているため、箸ではなくレンゲでいただきます。

おまけ:喜多方ラーメン発祥の店「源来軒」

創業は昭和元年になる喜多方ラーメン発祥のお店「源来軒」。土日になると全国各地からやってきたお客さんで長蛇の列ができる人気店です。創業以来変わらない味を提供するため1日220食の限定となりますが、福島県に立ち寄った時には是非とも行きたいお店です。

「札幌ラーメン」「博多ラーメン」とともに日本三大ラーメンに数えられる「喜多方ラーメン」。今や日本の国民食となったラーメンですが、今後は世界でも注目される食となりそうです。この機会に改めて「喜多方ラーメン」の魅力を再発見するのも良いでしょう。