Topsankaku和食のレシピsankakuうま味たっぷりのスープも作れ…
2016.01.20
うま味たっぷりのスープも作れる!知っておくと便利な牛すじの下ごしらえ
冬はおでんや鍋、シチューなど煮込み料理が恋しくなる季節。お手頃価格の牛すじも下ごしらえさえきちんとすればお肉も、スープも、脂だって美味しい料理に変身します。 煮込み料理に相性抜群、牛すじの下ごしらえのコツとアレンジレシピを紹介します。
和食lab

美味しい牛すじは「下ごしらえ」がポイント

牛すじは大きめの塊のまま茹でて洗い、を繰り返し、アクを取る「ゆでこぼし」をします。牛すじの鮮度によっては3〜4回繰り返した方が良い場合もあります。
その後使う料理の大きさに合わせて切り分けて茹でます。茹でた後はお肉とスープに分け、スープは冷ましてから上澄みの脂を取り除きます。 週末にまとめて作って牛すじ肉、スープ、脂を分けて冷凍保存しておくと便利です。

圧力鍋なら短時間で!

ゆでこぼしの後の煮込む工程は圧力鍋を使うと短い時間でホロホロになります。

炊飯器でも作れます

圧力鍋がない方におすすめなのが炊飯器。1度炊飯で炊いてから保温で放置するだけなので、ながら調理も可能です。

まずは定番の「牛すじ大根」

下ごしらえした牛すじと、スープに下ゆでした大根をしょうゆ・酒・みりんと一緒に煮込んで。スープを使わず昆布出汁で仕上げればさっぱり上品な仕上がりになります。 10分ほど煮立たせたら、お鍋のまま一晩冷まして味をなじませます。翌日浮いた脂をしっかり取り除いてから温め直せば牛すじの旨味がしっかり染み込んだ美味しい大根に仕上がります。 時間のないときは、大根を小さめにして20分ほど煮込んで。

「牛すじ鍋」

下ごしらえした牛すじとスープで作る牛すじ鍋は野菜類・きのこをたっぷり加えて。

脂は炒め物に

牛すじの下処理で出る脂には旨味もたっぷりなので捨てないで!もやしやキャベツのシンプルな野菜炒めも美味しく仕上がり、薄切りにした牛すじを加えれば主菜にも使えます。

牛すじのコクたっぷりのうどん

手軽なのは牛すじ煮込みをうどんにトッピング。牛すじ煮込みを冷凍しておけばいつでも美味しい牛すじうどんがいただけます。 また、牛すじのスープをうどん出汁に、さらに牛すじ脂で野菜やきのこをさっと炒めて載せれば牛すじ肉なしでも味わい深いうどんが完成します。

うま味たっぷり!「牛すじカレー」

下ごしらえさえしておけば、短時間で美味しいカレーも作れます。牛すじ脂で野菜を炒めればコクのある仕上がりに、脂を使わずに牛すじとスープだけでサッパリ仕上げてスープカレーやカレーうどんとアレンジも可能です。

お肉はもちろん、スープや脂もフル活用できる牛すじは、まとめて下ごしらえしておけば様々な料理にアレンジ可能。手間と時間さえかければお料理初心者にも挑戦しやすいので、彼や旦那様と一緒に作るのも楽しそうです。休日に家でゆっくり牛すじを仕込んでみては?