Topsankaku和食の素材sankaku日本酒のお供にぴったり!冬の…
2016.01.04
日本酒のお供にぴったり!冬の珍味を楽しもう
一段と冷え込む季節、熱燗がより美味しくなる季節でもありますよね。 あん肝に白子ポン酢、からすみ、このわたなど冬の珍味はついついお酒が進んでしまうものばかり。熱燗を片手に楽しみたい冬の珍味と、オーダーするなら知っておきたい基礎知識、自宅での扱い方を紹介します。
和食lab

捨てるところのない「あんこう」

冬の定番メニューといえば鍋料理ですが、お酒好きの大人に特におすすめなのが「あんこう鍋」あんきもがどっさりのったあんこう鍋は、具はもちろんのこと、あんきもが溶けたスープも日本酒によく合います。あんこう鍋を食すならば、知っておきたいあんこうの「七つ道具」はこちら。知っておくと話のネタにもなりますよ。

知っておきたいアンコウ料理の名前

あん肝やあんこう鍋以外にも、職人の手間のかかった、とも酢やとも合えはメニューにあったらオーダーしたいところ。〆に食べるどぶ汁もおすすめです。

自宅でも作れる「あんきも」の作り方

あん肝に、酒、塩で下処理可能。しっかり冷やしてから切るのが綺麗に仕上げるコツです。

下処理次第で味が変わる「白子」

この時期、スーパーで安く売られていることも多い白子は下処理が命。それゆえ職人さんの技が光る食材でもあります。 自宅で頂くなら牛乳でくさみをとるのがポイントです。

「からすみ」の食べ方は?

ボラの卵巣「からすみ」は食べる前の塩抜きが肝心。少し炙ると香ばしい風味がつき一味違う味わいになります。

おもたせにおすすめの「このわた」

およばれやホームパーティーのおもたせなら、ナマコのわた「このわた」がおすすめ。他の珍味と違い、瓶詰めをそのままいただけるのでホストの手を煩わせることもありません。 取り合えず一杯のおつまみに、箸休めにも最適です。

冬の珍味は素材の味だけでなく、職人技の光る一品です。美味しい冬の珍味を出してくれるお店で楽しむのも、自宅で一手間かけて食べるのも良いですね。冬の珍味で美味しいお酒を楽しんでみてはいかがでしょう。