Topsankaku和食の素材sankaku味も粘りも変わる!全国のお餅…
2015.12.23
味も粘りも変わる!全国のお餅を食べ比べ
お正月になると各家庭で出されるお餅ですが、使うお米によって味や粘りが変わるのはご存知ですか?意外と知られていないお米の違いと、中川政七商店から発売された「日本全国もちくらべ」についてご紹介します。
餅

お米の種類

日本でのお米は、「玄米」と精米品質表示基準で、「うるち米」と「もち米」に分けられています。
「玄米」は精米する前のお米のことです。
「うるち米」と「もち米」の違いは「デンプン質」の割合の違いになります。
ちなみに「うるち米」とは、世間一般で食べられている白米のことで、お餅にするには適しません。

あの料理はうるち米?もち米?

「もち米」はお餅以外にも、おこわや和菓子を作るのに適しています。また、「もち米の粉」で作るのが「お餅」、「うるち米の粉」で作るのが「団子」になります。

中川政七商店の「日本全国もちくらべ」

「日本全国もちくらべ」は全国のお餅を食べ比べできるセットです。1個30gの丸餅が5種類、各種2個ずつ入っていて価格は¥1,404(税込)、中川政七商店公式オンラインショップ、もしくは直営店にて購入可能です。

「日本全国もちくらべ」に入っているお餅

お餅のもととなる「もち米」の品種はさまざまで、品種によって味わいや食感が違います。「日本全国もちくらべ」に入っているお餅はいずれも人気のもち米が使用されており、それぞれに適した食べ方があります。

おまけ:まだまだある!全国のお餅

「日本全国もちくらべ」には入っていないものの、全国各地には様々な「もち米」を使ったお餅があります。中には「玄米」を使った餅などもあり、一般的に食べられる白いお餅とは味や食感が異なります。'

普段何気なく食べているお餅にも様々な種類があり、使うお米によって味や食感が異なります。今度のお正月は、素材本来の味を楽しめる食べ方をしてみるのも面白いかも知れません。