Topsankaku和食の名店・達人sankakuアンテナショップで旅行気分!…
2016.01.09
アンテナショップで旅行気分!郷土料理を楽しむ和食ランチ
産地直送の食材を東京で楽しみことができるアンテナショップですが、今ではランチタイムに郷土料理を提供しているお店も数多く存在しています。そこで、都内にあるアンテナショップで食べることのできるご当地・郷土料理をご紹介します。
郷土

銀座:「茨城マルシェ

言わずと知れた納豆の名産地である茨城県のアンテナショップです。ランチタイムに食べることができる「茨城ごはん」は、茨城の納豆を日替わりで楽しむことができ、サラダと味噌汁も付いてきます。また、茨城県産の豚肉で納豆を挟んで揚げた「ローズポーク納豆とんかつ」も人気です。

新橋:「ももてなし家」

鳥取県と岡山県が合同で出店しているアンテナショップで、来店時間に合わせてメニューが変わります。11:00~14:30はランチメニューで、「紅ずわい蟹重」や「ひるぜん丼」を提供しています。14:30~17:00まではティータイムメニューでデザートなどを、17:00~23:00にはディナータイムとなり、日本酒や地ビールなどのお酒も楽しみことができます。数量限定メニューもありますので、ご来店の際はご注意ください。

八重洲:「北海道チューボー」

北海道のアンテナショップ「北海道フーディスト」の中にある「北海道チューボー」では、「北海道海鮮丼」や各種「スープカレー」、「札幌味噌ラーメン」など、北海道の大自然で育まれた食材をふんだんに使った料理を楽しめます。

日比谷:「かごしま遊楽館」

鹿児島県の特産品を扱っている「かごしま遊楽館」では、本場の黒豚・黒牛などを味わうことができます。ランチメニューの「黒豚の野菜蒸しセット」は特に人気で、ヘルシーに蒸した黒豚肉と野菜をいただくことができます。また、テレビでも特集されることが多い「白くまかき氷」も本場の味を楽しめます。

銀座:「三匠」

「広島ブランドショップTAU」の2階にあるお店が、広島お好み焼きを提供している「三匠」です。本場さながらのお好み焼きを味わうことができ、同じく広島の名産であるカキを使った「広島カキ入りお好み焼き」も人気です。また、テイクアウト可能なのも魅力で、ご希望の場合は事前に連絡をしましょう。

東京にいながら各地の名産品を味わうことができるアンテナショップでは、リーズナブルな価格で郷土料理を楽しむことができます。料理だけでなく、様々な特産品を見て楽しむことができるので、都内のアンテナショップを旅行気分で巡るのもおすすめです。