Topsankaku和食の基本sankaku知らないと恥ずかしい!結婚式…
2014.09.26
知らないと恥ずかしい!結婚式で使える和食のマナー
結婚式にお呼ばれしたときに、20代のうちは、食事のマナーをスマートにこなせると、周囲に一目おかれることも。お呼ばれのベテラン、30代にもなると、知らないと恥ずかしいことも増えてきます。 そこで、結婚式で恥をかかない、お役立ちの和食マナーをまとめてみました。
和食lab

まずは箸の使い方をマスター

箸の使い方は、和食のマナーの中で一番目立つ点でもあります。これを機に、正しく美しい使い方をきちんとマスターしておきましょう。動画でも確認!
和食lab

お吸い物の具材は箸でひと口大に切ってからいただく

和食lab
これは意外と見過ごされている点。歯で食いちぎったりするのは、みっともないことなのです。

メインの焼き魚をスマートにいただく作法

和食lab
和食のメインは魚料理が多いものです。そこで、焼き魚をスマートにいただく作法をマスターしておきましょう。

ワサビをお醤油に溶かすのはNG

意外なNGマナーです。ワサビはまずお刺身に直接つけるのが正解。

このほかにも「お吸い物の具はほぐさない」、「揚げ物は切らずにかじる」、「 ご飯は香の物と一緒に食べない」といった気を付けるべきマナーがあります。しかし一番忘れてはいけないのは、主賓や他の出席者に不快な思いをさせない、なごやかな笑顔などの心がけなのかも。結婚式という晴れの席をきっかけに、日本人としての美しい立ち振る舞いを身に付けましょう。