Topsankaku和食のレシピsankakuどちらが好み?すき焼きにもあ…
2016.01.13
どちらが好み?すき焼きにもある「関東風」と「関西風」
みんなで囲んでおいしい、すき焼き。関東と関西で違うって知っていましたか?同じ材料・調味料でも作り方がかなり違います。 関東風・関西風のそれぞれの楽しみ方と、この冬試したいすき焼きのバリエーション、アレンジレシピを紹介します。
  和ab

お肉の味わいを楽しむなら、関西風すき焼

関西のすき焼きは、まずお肉を香ばしくさっと焼いてからしょうゆや砂糖を入れます。
お店でもお肉をいただいてから野菜や焼き豆腐を入れるのが定番。香ばしいしょうゆとお肉の脂が回った野菜や焼き豆腐もコクたっぷり。上質なお肉の魅力を最大限に活かせる食べ方です。

みんなでわいわい囲むのが楽しい 関東風すき焼き

  和食lab
大人数でわいわい鍋を囲むなら、関東風すき焼きがおすすめ。
お肉と野菜を一緒に楽しめます。野菜から水分も出るので、あっさりとした仕上がりです。

お魚で変わりすき焼き「ぶりのお好みすき焼き」

  和食lab
脂がのったぶりの切り身を使ったすき焼き。にトマトの酸味がアクセントに。たまにはお魚で気分を変えてみるのもおすすめです。

ちょっとおしゃれに「ワインすき焼き」

お酒・みりんのかわりにワインを使っておしゃれな「ワインすき焼き」に。 女子会にもおすすめです。

さっぱりといただける「トマトすき焼き」

玉ねぎにトマト、バジルで作るトマトすき焼きは甘い玉ねぎとトマトの酸味がお肉の旨味を引き立てます。 締めはトマトとチーズを追加してパスタやリゾットにするのがおすすめです。

〆の定番雑炊は朝ごはんにもおすすめ

すき焼きの残りつゆを使って雑炊に。昆布出汁を追加してさっぱりと仕上げるのもおすすめです。

すき焼きアレンジ「うどん」のバリエーション

うどんにすき焼きの余りを乗せたり、鍋焼きうどんや焼うどんにしてもおいしい。

お弁当にも使える「丼」

残ったすき焼きはそのままごはんにかけるのはもちろん、卵やチーズ、お麩や野菜を追加して丼にもおすすめ。

すき焼きの残りで炊き込みご飯やピラフも!

すき焼きは具を食べ切ってしまったら、残りつゆでアレンジができます。具やスパイスを追加してごはんを炊けば、おいしい炊き込みご飯やドライカレー、ピラフが作れます。

残ったすき焼きのたれは万能調味料!

すき焼きの残りたれで豚の角煮や鶏肉を煮込んで。安売りのお肉もすき焼きの旨味がたっぷり染み込んで、短時間でもおいしい煮物が作れます。
おからやひじきの煮物、卵焼きなど定番のお惣菜の調味料にすき焼きのたれを使ってみて。お肉の旨味が効いたおいしいお惣菜が簡単に作れます。

みんなでわいわい囲む関東風、お肉を楽しむ関西風に、ワインすき焼きやトマトすき焼きと、すき焼き一つでもバリエーションは様々。 この冬は、いろんなすき焼きを試してお気に入りのこだわりレシピを見つけてみては?