Topsankaku和食の素材sankaku2016年の注目食材!食物繊…
2016.01.01
2016年の注目食材!食物繊維が豊富な大麦を使ったレシピ
キヌアにチアシード、様々なスーパーフードが登場した2015年、次なる注目のスーパーフードは麦ごはんでおなじみの「大麦」。大麦にたっぷり含まれている水溶性の食物繊維はダイエットにも効果てきめん。注目の大麦の効果と、大麦を使ったおすすめメニューを紹介します。
和食lab

大麦には水溶性食物繊維がたっぷり!

和ab
野菜や果物からは摂取しにくい水溶性の食物繊維がたっぷり含まれる大麦。ダイエットにはもちろん、血糖値やコレステロール値が高めの方にもおすすめの食材です。

「麦ごはん」の炊き方

炊くのが難しそうなイメージのある「麦ごはん」ですが、水分の吸収がよく、水加減の調整は簡単なんです。

好みで選びたい「押し麦」と「丸麦」

白米になじみがよく、食べやすいのは押し麦。初めての方にもおすすめです。
ぷちぷちとした歯ごたえのある食感を楽しむなら、丸麦がおすすめ。

丼にすると食べやすい

麦めしのクセが気になるという方は、丼にしていただくと食べやすくなります。ダイエット中だけど丼ものが食べたい!というときにも強い味方です。

雑炊やリゾットに

ヘルシーな雑炊を、大麦で作って食物繊維たっぷりに。お米や他の雑穀と混ぜても、大麦だけでも。夜食にも安心して食べられそうです。

茹でた丸麦をサラダにトッピング

丸麦をたっぷりのお湯でパスタのように茹でて。オリーブオイルや亜麻仁油、塩とスパイスで合えてドレッシング代わりにサラダに加えます。 丸麦のプチプチとした食感がアクセントになっておいしい!

煮物に混ぜて

トマトベースのラタトゥイユに混ぜたり、かぼちゃや大根、かぶなどシンプルな野菜の煮物のとろみ付け代わりに加えるのもおすすめです。

スープの具にも

スープやシチューに丸麦をそのまま加えて煮込むだけ。パスタよりもヘルシーで、とろみも付くので冷めにくくてあったまるスープになります。

昔ながらのおなじみ食材・大麦は水溶性食物繊維がたっぷりのスーパーフード。大麦のちょい足しで、毎日の料理がヘルシーに!主食に混ぜるのはもちろん、サラダやスープなどで少しずつ取り入れるのもおすすめです。
関連タグ健康美容