Topsankaku和食のレシピsankaku【ミス・ユニバースの講師から…
2016.01.07
【ミス・ユニバースの講師から学ぶ和食レシピ】~大根編~
日本野菜の代表格、大根。気候や土壌の違いから日本各地域で少しづつ形と味が異なり、それに合わせて自然とお料理も違ったものに。大根そのものが淡白な味だからこそ、様々なレシピで美味しさを楽しむことができます。
和食lab

大根おろしの絞り汁も栄養満点

和食lab
今では一年を通して店頭等で目にする大根。上手く使いこなすことにより美味しさだけでなく健康増進にも役立ちます。 例えば、焼き魚につけ合わせる大根おろし。軽く絞って魚の脇に添えますが、この絞り汁は捨ててはいけません。 ジアスターゼと呼ばれる消化酵素の一種が胃腸の働きを整えます。 しょうゆとお酢を数滴垂らすと飲みやすくなりますので、出来るだけ時間をおかずに摩り下ろしたての大根でお試しください。 今の時期、何かと「ご馳走」を食べる機会が多くなりますね。食べ過ぎ後や飲み過ぎの翌朝に、思い出したらぜひ大根を。 忘れた頃にすっきり回復していることでしょう。

お野菜たっぷり万能ダレ 蒸した白身魚に

和食lab
材料
大根 5cm輪切り
りんご 1/2個
セロリ 1/4本
玉ねぎ 1/4個
にんにく 1片
ごま油  適宜
信州味噌または赤味噌 適宜
酒    少々
七味唐辛子 お好みで

作り方
材料を全てミキサーで撹拌。にんにくの匂いが気になる時は、みじん切りにして予めごま油で火を通してから加えると香ばし仕上がりに。

塩と酒各少々を振って蒸した鯛や、グリルした鶏肉にもとてもよく合います。

ふろふき大根

和食lab
材料(4人分)
大根  1/2本
米のとぎ汁 適量

ゆず  1個
白味噌 大さじ1と1/2
信州味噌 大さじ1
甜菜糖  大さじ1

作り方
① 大根は厚めの輪切りにして皮をむき面取りをする。
(※むいた皮と面取りした細かい部分は捨てずにきんぴら等にしていただく)
② 鍋に大根を入れ、米のとぎ汁を大根が浸るくらいに加えて煮る。 串がすっと刺さる程度に柔らかくなったら、ざるに上げてさっとお湯で表面の米ぬかを洗う。
③ ゆずは皮を薄くむき(適量)千切り、果汁は絞る。ゆず果汁に白味噌、信州味噌、甜菜糖を加えてよく混ぜる。
④ 大根に③をかけてゆずの皮を散らす。

干し大根の香り漬け

和食lab
材料
大根  1本
塩   少々
八角  1個

<漬け汁>
醤油
煮切りみりん※

お好みの量を1:1:2の割合で

※煮切りみりん・・・みりんを1分ほど沸騰させてアルコール成分をとばしたもの。出来上がりの味がまろやかになります。
作り方
① 大根は好みの大きさに切り、三日ほど天日干しにする。干すことによって大根の甘みが凝縮される。
② 塩、醤油、煮切りみりん、酢を混ぜて八角を加えて大根を漬け込む。一晩おいて出来上がり。
(※密閉できるビニール袋を使うと調味料が少なく、短時間で出来上がります)
皮まで無駄にせず使い切りたい大根。胃腸の働きを整えてくれる効果は、今の時期に嬉しいものですね。 年末年始で疲れた体を癒してくれる大根料理にチャレンジしてみては。
伊部久仁子
芯美道家/ハルモニアハウス主宰。
現在、日本総合医学会会員の食養指導士を務めている。 2015年には「ミス・ユニバース・ジャパン」のビューティーキャンプ講師として活躍。 Yoga Shakti NLPスクール認定のリストラティブヨガインストラクターの資格を保持している。