Topsankaku和食のレシピsankaku週末の作り置きで1週間充実レ…
2016.01.23
週末の作り置きで1週間充実レシピ
家に帰ってから食事を作る気力もなくて、つい外食、栄養も偏ってしまいがちな悪循環を断ち切りたい!そんな忙しい方におすすめの、週末の作り置きレシピとアレンジのコツを紹介します。
和ab

「紅茶豚」

和食lab
しっかり味をしみ込ませた煮込み料理は作り置きに最適です。 下ごしらえは簡単なので一番初めに仕込んで煮込んでいる間に、他の料理の野菜を切ったり下ごしらえが可能です。 冷ます過程で味がしっかりしみ込むので、煮込んだ後は煮汁と一緒に保存容器に入れて冷まします。1日置いたらお肉を切って煮汁につけておけばパサつかずに美味しくいただけます。

「ピーマンとかぼちゃのきんぴら炒め」

和食lab
せっかく自炊するなら、野菜をたっぷり取り入れた、ヘルシーな献立にしたいですよね。ただ、葉物の野菜は時間が経ってしまうと風味も彩も落ちてしまいやすいもの。作り置きにおすすめの食材が、ピーマンです。保存しても彩りも食感も落ちにくく、食卓を華やかにしてくれます。かぼちゃの他にも、じゃがいもやサツマイモ、にんじんで作ったり、しらたきや油揚げを入れても美味しく作れます。

「さばとなすの南蛮漬け」

和食lab
痛みやすいお肉やお魚を使った主菜を作り置きするのに便利なのが、南蛮漬け。甘酢に漬けることで痛みにくくなり、温め直してもお肉やお魚がパサつかないので美味しくいただけます。
さば以外に、鮭の切り身や鯵の三枚下ろし、鶏肉や豚肉で作ったり、玉ねぎやパプリカの薄切りを一緒に漬けたりアレンジも自在です。いただく時に針生姜や刻み大葉、ネギなど薬味を添えるのもおすすめです。

「ごぼうと豚バラ肉の甘辛炒め煮」

和食lab
炒め煮は短時間で味もしっかり絡み、水分を飛ばすことで持ちも良くなるので作り置きレシピにおすすめ。 野菜はごぼう以外にも、れんこんや大根などの根菜類や、エリンギ・舞茸などのキノコ類をプラスするのもおすすめです。 基本の甘辛炒めをマスターしたら、味噌や豆板醤、トマトピューレをプラスして味に変化をつけることも可能です。

「牛肉のしぐれ煮」

和食lab
ご飯のお供にはもちろん、卵とじやチャーハンの具に、茹でたキノコやほうれん草に和えたりとベーコン代わりにも使えます。 刻んだタケノコやこんにゃくでかさまししてヘルシーに作るのもおすすめです。

「梅ごぼう」

和食lab
効率よく作り置きメニューを立てるコツは材料を使い切ること。ごぼうやレンコン、たけのこなど根菜類が余った時はもう一品で使い切るのもポイントです。

一週間分まとめて作ることで、食材を使い切ってしまうのが節約のコツ。 作り置き食材とごはんでそのまま食べるのはもちろん、週の後半にはアレンジレシピを考えるのも楽しいですよ。食べきれない時には冷凍保存できるメニューもあるので、冷蔵保存と冷凍をうまく組み合わせて使うのもおすすめです。