Topsankaku和食のレシピsankaku栄養満点の「酒粕」を上手に取…
2016.01.24
栄養満点の「酒粕」を上手に取り入れるおすすめ和食レシピ
日本酒の仕込み時にできる「酒粕」。この季節は様々な酒蔵から酒粕が販売される時期です。 定番の甘酒も美味しいですが、酒粕は料理にだって使える万能食材。麹菌のパワーで栄養効果も抜群の、酒粕を使ったメニューを紹介します。
和食lab

「酒粕シチュー」でカロリーダウン

冬の定番メニュー・シチューにほんのり甘い酒粕は以外にも相性抜群。
お好みの野菜やお肉・お魚を炒めてコンソメやブイヨンで煮込み、仕上げのホワイトソースを入れるタイミングで酒粕と白味噌を加えて仕上げます。
牛乳を豆乳に変えればさらにヘルシーに!

定番の「粕汁」

下処理した鮭や鰤などの魚の切り身とお好みの野菜を出汁で煮込んだら、酒粕をたっぷり加えて・お味噌・おしょうゆで味を調えます。
体の芯から温まる粕汁は夜食にもおすすめ。

お肉がふっくら柔らかくなる!「鶏肉の粕漬け焼」

和食lab
ぱさつきがちな鳥むね肉も粕漬けにすると旨みが凝縮して、しっとり。もも肉はジューシーな仕上がりになります。

お魚の旨みがぎゅっと凝縮される「たらの粕漬け焼き」

和食lab
タラや鮭、鰤などの魚の切り身を粕漬けにすると、お魚の旨みがぎゅっと凝縮されて旨みたっぷりの焼き物が作れます。
パサつかず、ふっくら焼きあがるので冷めてもおいしく、お弁当にもおすすめです。

日本酒のおつまみやスイーツに「酒粕レーズン」

ラムレーズンならぬ、酒粕レーズンはほろ苦い味わいに。そのままおつまみとして、アイスやケーキに混ぜてスイーツ作りに使うのもおすすめです。

体の芯からあったまる粕汁やシチューに、お肉もお魚の旨みをぎゅっと凝縮してくれる粕漬け、さらにはスイーツまで酒粕は様々な料理に使えます。日本酒好きなら贔屓の酒蔵の酒粕を取り寄せて、日本酒に相性の良いおつまみを手作りしての晩酌もおすすめです。