Topsankaku和食のレシピsankaku【ミス・ユニバースの講師から…
2016.02.08
【ミス・ユニバースの講師から学ぶ和食レシピ】~胡椒編~
古代ギリシャ・ローマ時代から非常に貴重なスパイスとしてお金の代わりや貢物、地代等の代わりにされてきた胡椒(こしょう)。その効能は消化促進作用、鎮痛作用、鎮歯痛作用、解熱作用、去痰作用等々。 料理の味にメリハリをつけて元気を与えてくれるイメージのある胡椒はスパイスの代表格。洋食だけでなく、和食へも気軽に使いたい調味料です。
和食lab

胡椒の使い分け

和食lab
白胡椒はマイルドな風味で白味噌やクリーム系、白身魚、甲殻類等に。 一方黒胡椒はピリッとした味の刺激をアクセントにしたいものに。 毎日の和食に少し加えるだけでも新しい発見が楽しめます。

黒胡椒の香りおむすび

和食lab
材料(4人分)
米   2合
粒黒胡椒 10粒程度お好みで
塩   少々
酒   少々
青菜  適宜
醤油  少々

作り方
① 米は研いで炊飯器にセットする。粒黒胡椒はすり鉢等で粗めに擦りつぶす。
② 炊く直前に擦りつぶした黒胡椒と塩、酒を混ぜて炊飯。
③ 炊き上がったら、おむすびを握り醤油を数滴垂らして青菜を巻く。

親子煮麺

和食lab
材料(2人分)
そうめん   2束
たまご    2個
黒コショウ(粒) 少々
粗挽き白コショウ 少々
鶏手羽先   6個
水      500cc
塩      適宜
醤油     少々
青菜     適宜

作り方
〜スープ作り〜
手羽先は前日に粒黒コショウを入れてたっぷりの水で柔らかくなるまで煮ておく。翌日、スープの上に固まった脂を取り除く。

① 青菜は湯搔いて食べやすい大きさに切る。そうめんも茹でて冷やしておく。卵は溶いておく。
② 前日に作ったスープでそうめんを温める。器も温めておいて先に盛り付ける。
③ スープを塩と醤油で味を整えたら卵を溶き入れる。白コショウをたっぷり加える。
④ ②の上にスープをそそぎ、青菜を飾って出来上がり。

季節の野菜焼きグラタン風

和食lab
材料(2人分)
長ネギ  2本
長芋   400g
塩    少々
胡椒   少々
豆乳   200cc
葛粉   大さじ1と1/2
昆布しいたけ出汁 大さじ1
白味噌  大さじ1/2
パン粉  適宜

作り方
① 長ネギは食べやすい大きさに切り、塩を降って蒸す。
② 長芋も蒸してから1cm角に切り、塩・胡椒を振る。
③ 葛粉をだし汁で溶き、豆乳を加えて弱火にかける。トロッとしてきたら白味噌を加える。
④ 耐熱皿に半量の長芋を並べ、その上に長ネギ、残りの長芋を重ねる。その上に③をかけてパン粉をまぶして200℃のオーブンで約10分焼く。
味のアクセントになるだけでなく様々な効果のある胡椒は、和食にも積極的に取り入れたいスパイスです。 粒・粗挽き・粉など、料理やお好みに合わせて使い分けてみてください。
伊部久仁子
芯美道家/ハルモニアハウス主宰。
現在、日本総合医学会会員の食養指導士を務めている。 2015年には「ミス・ユニバース・ジャパン」のビューティーキャンプ講師として活躍。 Yoga Shakti NLPスクール認定のリストラティブヨガインストラクターの資格を保持している。