Topsankaku和食の素材sankakuアマランサスにキヌア…雑穀米…
2016.03.09
アマランサスにキヌア…雑穀米には何が入ってる?
タグ雑学
毎日食べる「ごはん」に混ぜるだけで、健康効果も美容効果もアップする「雑穀」。雑穀数種をブレンドしたものが手軽で人気があります。 ブレンド雑穀にもよく含まれていて、栄養価も高い雑穀と、雑穀米を美味しく食べるアレンジを紹介します。
和食lab

カルシウムを多く含む「アマランサス」

和食lab
カルシウムはじめミネラル類を豊富に含むアマランサスは精白しなくても食べられるのでより栄養価も効率よく摂取できます。香りが独特なので入れすぎには注意が必要です。

食物繊維が豊富な「キヌア」

和食lab
スーパーフードとしても注目されるキヌアはブレンド雑穀でもよく見かけます。食物繊維を豊富に含むキヌアは比較的癖が少なめなので、単独でごはんにブレンドしても美味しくいただける雑穀です。

ポリフェノールたっぷり「黒米」

和食lab
黒米をお米に混ぜて炊くと出るきれいなピンク色の正体はポリフェノールの一種・アントシアニンで、抗酸化作用があります。もっちりとした食感もおいしい雑穀で、黒米を混ぜて炊くごはんはすし飯にも合います。

ビタミンB群・ポリフェノール「キビ」

和食lab
キビだんごでおなじみの「キビ」はビタミンB群やポリフェノールを含んでいます。もっちりとした食感で冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめです。

パントテン酸が肌に効く「アワ」

和食lab
ビタミンCの働きを助けるパントテン酸に、ビタミンB群、ビタミンEも含むアワは美肌効果が期待できます。キビと同じくもっちりした食感で冷めても美味しくいただけ、さらに癖が少ないので様々な料理に合います。

善玉コレステロール値を高める「ヒエ」

和食lab
ヒエのタンパク質は善玉コレステロール値を高める効果があると言われています。冷めるとパサつく性質を生かして、ピラフやチャーハンに使用するのがおすすめです。

そんな栄養効果も高い雑穀を混ぜた雑穀米をおいしく食べるアレンジを紹介します。

焼きおにぎり

雑穀の香りや食感が気になる方や、雑穀の分量が多くなり過ぎてしまった時には焼きおにぎりが手軽でおすすめです。少し潰しておにぎりにすれば食感も、醤油や味噌を焦がした香ばしい香りで香りの癖も気になりません。

ピラフ・チャーハン

キヌアやヒエなど、パサつきが気になる雑穀はピラフやチャーハンにするとパラっとおいしくいただけます。

雑炊

雑穀米は案外水加減が難しい物。炊くのに失敗してしまった時は雑炊にしてしまうのも手です。

アボカド丼

ねっとりとした食感のアボカドもぱさつきがちな雑穀米をおいしく食べる手助けをしてくれます。レタスや水菜など葉物を添えたり、納豆や温泉卵を加えるとよりおいしくなります。

美容にも健康にも嬉しい効果がたっぷりの雑穀米は積極的に取り入れたいですよね。雑穀と一口に言っても個性は様々です。ブレンド雑穀が合わなかったという方も好みに合わせて自分でブレンドすると、案外おいしくいただけるかもしれません。
関連タグ雑学