Topsankaku日本の郷土料理sankaku美肌の秘訣は魚をまるごと食べ…
2016.02.21
美肌の秘訣は魚をまるごと食べる?肌美人が多い地域の食文化とは
美肌県グランプリが今年も発表されました。開催しているPOLAと東京家政大学栄養学科の調査によると、上位の美肌県の食文化にはお魚の食べ方で共通点があるとのこと。 美肌になるためのお魚の調理法と、美肌県上位5位の魚の郷土料理を紹介します。
和食lab

美肌になる魚の食べ方は「魚を丸ごと&発酵調味料で食べる」こと!

美肌県グランプリ2015を開催しているPOLAによると、上位にランクインした県には魚料理の食べ方にある共通点があるそうなんです。
魚を丸ごといただくことで、DHA・EPAを豊富に摂取でき、さらに発酵調味料を使って加熱調理をすることでDHAやEPAの減少を抑えられるのでさらに効果アップが期待できるとのこと。 美肌県にランクインした上位5位の魚の郷土料理を紹介します。

1位島根「鯖の煮食い」

鯖が名物の島根、鯖寿司や鯖しゃぶが人気ですが、家庭料理では「さばの煮食い」といういただき方があります。

1位島根「鯖の塩辛と豆腐の煮込み」

また、鯖を丸ごと使用した「鯖の塩辛」もお取り寄せ・お土産に人気です。鯖の旨みを凝縮した塩辛で作る煮込みもおすすめです。

2位山形「どんがら汁」

山形の郷土料理「どんがら汁」は、真だらを丸ごとお味噌で煮込んだお料理です。野菜もたっぷりいただける、ヘルシーな一杯です。

3位愛媛「鯛めし」

豪華に丸ごと1匹の鯛を土鍋で炊き上げる愛媛の鯛めし。鯛のうまみだけでなく、出汁に溶け出す栄養分も余すところなくいただけます。

4位石川「ぶり大根」

美味しいお魚が豊富な石川県の郷土料理、ぶり大根。ぶりの頭やかまに豊富なコラーゲンやDHA、EPAは美肌にも嬉しい栄養素です。

5位富山「鱈汁」

富山県の郷土料理「鱈汁」はタラとごぼうのみのシンプルな椀ものです。まるごとぶつ切りにしたタラと、肝のうまみがたっぷり溶け込んだお汁は美味しいことはもちろん、コラーゲンもたっぷり含まれ美肌にも効果的です。

お頭やアラまで1匹の魚を丸ごと使いこなすことで、魚の持つ美肌に効く栄養素を最大限に活かし、さらにしょうゆやみそなどの発酵調味料で調理することで栄養素を逃がさず調理ができます。
調理の手間がかかってしまう丸ごと一本のお魚やアラも上手に使いこなせば美肌の近道に!美肌県の郷土料理を参考に、美肌魚メニューに挑戦してみては。