Topsankaku和食のレシピsankaku見て食べて春を感じる桜の塩漬…
2016.03.08
見て食べて春を感じる桜の塩漬けレシピ
もうすぐ桜の咲く季節。満開の桜はとっても綺麗ですが、すぐに散ってしまうのが寂しいところです。1年中楽しめる「さくらの塩漬け」なら旬の短い桜も食卓で長く楽しめます。 春を長く楽しめる、桜の塩漬けの作り方とアレンジレシピを紹介します。
和食lab

「さくらの塩漬け」の作り方

難しそうな桜の塩漬けは作り方は単純なので、いかに丁寧に仕事をするかがポイントです。ソメイヨシノよりもピンクの濃い八重桜などで作る方が変色が気にならず作りやすいです。

お花見弁当に最適な「桜ごはん」

桜の塩漬けを混ぜ込んで炊いたごはんは春らしさ満点でお花見弁当にぴったりです。薄焼き卵で巻くとより春らしい彩りになります。

フライパンでも作れる「桜あんぱん」

桜の塩漬けが春らしい桜あんぱんはフライパンでおいしく作れます。春らしいおやつはおみやげにも喜ばれそうです。

手軽に楽しめる「桜茶」

桜の塩漬けをお湯に浮かべていただく桜茶はおもてなしにも喜ばれそうです。

お弁当の彩りに

白いごはんに混ぜこんだり、副菜の彩りにしたりと、いつものお弁当に桜の塩漬けをプラスすると一気に華やかに、春らしい盛り付けになります。

桜の塩漬けで「ベーコン」

塩漬けした豚肉を、スモークの代わりに桜の塩漬けと一緒にオーブンでローストしたベーコンは桜の風味がたっぷり染み込んで春らしい香りが楽しめます。

ケーキやクッキーのトッピングに

シンプルな焼き菓子やチーズケーキも塩漬けの桜で華やかに。

「桜アイス」

ほんのりしょっぱい桜の塩漬けをバニラアイスに混ぜ込めば綺麗な桜色のアイスに。

寒天やゼリーに閉じ込めて

ゼリーや寒天に浮かべて固めればガラスドームに入った桜のような綺麗なデザートに変身します。

お弁当からスイーツまで、お料理を華やかに見せてくれる桜の塩漬けはとっても便利です。今年の春は桜の塩漬けに挑戦してみては?