Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku新たなランドマーク誕生!「東…
2016.03.06
新たなランドマーク誕生!「東急プラザ銀座」で銀ブラを楽しもう
3月31日、銀座の数寄屋橋交差点に東急プラザ銀座がオープンします。伝統工芸「江戸切子」をモチーフにしたスタイリッシュなビルの中に、個性豊かな125店舗が出店予定。今回は東急プラザ銀座で楽しめる和食のお店をご紹介します。
東急プラザ銀座

数寄屋橋茶房

休憩や待ち合わせに使える6階のパブリックスペース「KIRIKO LOUNGE」に併設されるカフェです。銀座の日本料理の名店「六雁」が監修を務め、伝統と革新が融合したモダンな和食を開放的なスペースで楽しむことができます。
蕎麦猪口や扇子などのオリジナルグッズの販売もあるとのことですので、贈り物探しにも便利です。
○牛丼の新しいかたち 1,500円
牛丼の新しいかたち
○茶房の三甘味 900円
(白いマカロン・求肥餅・あんこチョコ玉のセット)
茶房の三甘味

櫻ノ茶屋

屋上パブリックスペースに併設されるカフェ。 茶屋をイメージして作られたお店は、和の食材を使用したカフェスタンドになるよう。
「ジャパニーズフライドポテト」は和の食材を使ったディップをつけて食べるメニュー。 ディップは岩のり柚子こしょうマヨネーズ・茸のペースト鰹出汁とトリュフの風味・アボカド山葵マヨネーズ・西京味噌クリームチーズ・ 照り焼きマヨネーズ・トマト味噌ソースとどれも味わいが気になるものばかりです。
○JAPANESE FRIED POTATO
・スタンダードセット ディップ2種類 (600円)
和食lab

のまえ/下鴨茶寮 東のはなれ

京都・下鴨で160年近く続く京料理茶懐石。 現在は放送作家・脚本家など様々な顔を持つ小山薫堂が主人となり、工夫を凝らした懐石料理を提供している。 そんな下鴨茶寮が「カウンター割烹」、「和食バル」という新形態で東京初出店する。

SALON GINZA SABOU

食のあるライフスタイルを提案するSALON adam et ropéが手掛ける和ビストロ。 オリジナルのお米「雪ほかた」などのこだわり食材を用いた料理が楽しめる。

こめらく 和のスープとお茶漬けと。

「お茶漬けのある日常」を目指すお茶漬け専門店です。ゆっくり食事をしたい人、さっと済ませたい人、あらゆるニーズに対応し、選ぶ楽しみを体感できるよう、様々なメニューを揃えています。第1号店は2001年、銀座でオープンしました。東急プラザ銀座への出店は満を持しての凱旋となります。

回転寿司 根室花まる

漁師の町・根室を本拠地とする回転寿司です。魚の鮮度にこだわるのは勿論、「魚が生きている」と感じられるぐらいの活気ある雰囲気が持ち味です。創作よりも王道をコンセプトとし、正統派の寿司を提供しています。
地下には「立ち寿司 根室花まる」もオープン。

すきやばしイマカツ

シンガポールにも出店しているトンカツ専門店です。お肉だけでなく小麦粉・卵・パン粉など全ての素材を厳選し、独自にブレンドした油で、熟練の職人が柔らかくてジューシーなトンカツを提供しています。名物の「ささみかつ」はヘルシー志向の女性にも人気のメニューです。

つるとんたん UDON NOODLE Brasserie

コシと喉ごしが自慢のうどん専門店です。店舗によってコンセプトも趣もまったく異なるチェーン展開をしており、東急プラザ銀座では「UDON NOODLE Brasserie」という新業態で営業するようです。

東急プラザ銀座6~7階には「FIND JAPAN MARKET」と称したゾーンがあり、和のファッション・雑貨を取り扱うお店が多数出店します。海外からのお客様にも喜ばれそうですね。