Topsankaku和食のレシピsankaku春の食材を使った「みそ汁」レ…
2016.03.12
春の食材を使った「みそ汁」レシピ
今、ネットで話題の「味噌汁ダイエット」。食事の最初に味噌汁を飲むという手軽さで人気が高まっています。 春を感じる美味しい旬の具材を使った味噌汁なら満足感もアップし、その後の食事の量もコントロールしやすくなるかも? 味噌汁ダイエットにもおすすめの、春の味噌汁レシピを紹介します。
和ab

新たまねぎで作りたい「玉ねぎ、オクラ、豚肉のみそ汁」

和食lab
ダイエット中の方にオススメの具沢山の味噌汁です。 新たまねぎで作るときは柔らかさと甘みを生かして大きめのくし切りにするのがおすすめです。

キャベツとアスパラガスのみそ汁

和食lab
こちらも春野菜のキャベツとアスパラガスをたっぷり使った味噌汁です。 特に春キャベツは柔らかく、味噌汁にオススメです。キャベツとアスパラでビタミン類をたっぷり補い、豆腐でたんぱく質もしっかり補えるバランスも良い味噌汁です。

つぶし豆腐のみそ汁

和食lab
みそ汁では賽の目が定番のお豆腐ですが、手で崩してから加えるとまた違った食感に。 崩れた豆腐がよくおつゆに絡んでクリーミーでコクのある一味違う味噌汁になります。
お好みで野菜をプラスするのもオススメです。

新ごぼうの味噌汁

食物繊維たっぷりで食べ応えのある新ごぼうの味噌汁は味噌汁ダイエットにおすすめです。ささがきにして、きのこと一緒にシンプルに、柔らかい新ごぼうは乱切りにして、人参やアスパラ、鳥むね肉などで具沢山味噌汁もおいしく仕上がります。

新じゃがの味噌汁

旬の新じゃがをごろっと入れたお味噌汁です。じゃがいものビタミンCは加熱しても損なわれにくいのもポイントです。皮付きのままでホクホクに、千切りや薄切りにしてシャキシャキに、切り方で違った食感が楽しめます。

食べる順番で食事の量をコントロールする味噌汁ダイエットなら 同じ料理でダイエットが可能、 家族の食事を作らなければならないママにこそおすすめです。また、ダイエットをしたい家族がいるときにも、作るメニューは同じ、味噌汁多め、おかずとご飯を控えめに量を調整すれば手軽に挑戦できそうですね。