Topsankaku和食のレシピsankaku【ミス・ユニバースの講師から…
2016.04.24
【ミス・ユニバースの講師から学ぶ和食レシピ】~ひじき編~
昔から日本では昆布、わかめ、ひじき、海苔といった様々な海藻類が食卓に上ってきました。 ミネラルを豊富に含むこれらの海藻類はミネラルは脂質、たんぱく質、炭水化物(糖質)、ビタミンとともに5大栄養素の一つとして健康な体の維持に欠かせません。
今回は、「ひじき」を使ったレシピを紹介します。
和食lab

海藻には栄養がギュッと詰まっている

和食lab
海藻類にはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル成分がバランスよく含まれます。 体に必要なミネラルは16種類。 必要量はわずかですが、どれも過不足なく体に摂取することが大切です。
今までの家庭の食生活ではそれほど気にせずとも自然とそのバランスが取れていましたが、 社会環境の変化とともに家庭の食卓も変わってきています。
乾物になっているひじきは保存性も使い勝手も良いので常備しておくと、あと一品欲しいときに便利です。

ひじきの和風マリネと野菜の和え物

和食lab
まずは「ひじきの和風マリネ」を作りましょう。
材料(2人分)
ひじき(戻したもの) カップ1/2
梅酢         大さじ2
油(お好みのもの)  大さじ2

作り方
① ふた付きの瓶等に梅酢と油を混ぜておく。
② 水で戻した乾燥ひじきは熱湯で1〜2分間煮てざるに上げたら熱いうちに①に入れて混ぜ、粗熱が取れたらふたをして一晩置く。

冷蔵庫で1週間程度保存可能。
お浸しと和えたり、コロッケの具やパスタのトッピングにも意外な美味しさです。 さまざまに利用できる「ひじきの和風マリネ」のアレンジ一品を紹介します。

材料(2人分)
ピーマン   1個
玉ねぎ    1/2個
しょうゆ   適宜

作り方
① ピーマンと玉ねぎは食べやすい大きさの細切りにする。
② ①と「ひじきの和風マリネ」を和えて、しょうゆで味を整えて出来上がり。

ひじきと大豆の煮物

和食lab
材料(2人分)
ひじき(戻したもの) 大さじ2
水煮大豆       大さじ2
人参(さいの目切り) 1/4本
さやいんげん(みじん切り)2個

しょうゆ    大さじ1
甜菜糖     大さじ1/2
       酒       大さじ1
塩       少々
油     大さじ1
水     適宜

作り方
① 鍋に油を熱し、水で戻して食べやすい大きさに切ったひじきを中火で炒める。(約2〜3分間)
② ①に水煮大豆を加えて炒め、人参を加えたら酒大さじ1を加えて一呼吸おいてから大豆が被るくらいの水を加える。
③ ②が沸騰してきたら甜菜糖大さじ1/2を加え、塩少々・しょうゆ大さじ1を加えて汁気がなくなるまで中〜弱火で煮る。
④ 火を止め、香り付けのしょうゆを少々たらし、さやいんげんを加えて全体をざっくり混ぜたら出来上がり。

ひじきと豆腐のがんもどき

和食lab
材料(2人分)
豆腐  1丁
ひじき(戻したもの) 大さじ2
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個分
人参(みじん切り)  1/4本分
いんげん(湯がいてみじん切り)2本分
長芋(すりおろす)  大さじ1
塩    少々

揚げ油 適宜

作り方
① 豆腐は塩少々を入れた熱湯で温めたら布巾に包んで重石をして約半分量になるまで水切りをする。(約2〜3時間程度)
② 水で戻したひじきを食べやすい大きさに切り、玉ねぎ・人参・いんげんとともに①の豆腐とよく混ぜる。
③ すりおろした長芋を②に加えてよく混ぜ合わせる。
④ 揚げ物用の鍋で油を熱して③をスプーン2本を使って適当な大きさに整形して揚げる。
(※とても柔らかいので揚げている最中はあまり触らない)
⑤器に盛り付けて塩をパラリとふりかけて出来上がり。
乾物の「ひじき」は大変便利で使える食材。 美味しいのはもちろん、栄養のバランスもできれば簡単にとりたいものです。 日々の食卓に、海藻を使った料理を一品、追加してみてはいかがでしょうか。
伊部久仁子
芯美道家/ハルモニアハウス主宰。
現在、日本総合医学会会員の食養指導士を務めている。 2015年には「ミス・ユニバース・ジャパン」のビューティーキャンプ講師として活躍。 Yoga Shakti NLPスクール認定のリストラティブヨガインストラクターの資格を保持している。