Topsankaku手間ひまかけた絶品を自宅で楽…
2016.03.25
手間ひまかけた絶品を自宅で楽しめる天然おだし
みそ汁やお吸い物など、日本の食卓に‟だし”は欠かせないもの。 だしの味わいは「日本人で良かった」と思わせる力があります。
‟だし”本来の味わいを存分に楽しんでみるのはいかがでしょう。
和食lab

だしはうま味成分を組み合わせることが大事

和食lab
うま味成分は単体で使うのではなく、異なる成分を組み合わせることで美味しさがアップ。 見た目が美しくてもだしが効いていないと味気ないもの。 美味しい組み合わせで味わいを上げることが大切なのです。
東京・三宿にオープンした「のむ天然おだし 雅結寿‐Miyabi Yuinojyu-」では、そのまま飲むために開発された 天然おだしを販売しているそう。 そこで、自然本来の味を楽しめるだしの数々を紹介します。

厳選された材料を使用

和食lab
厳選された鰹の本枯れ節を使っただしは、うま味が凝縮されています。 人工的に作られただしの味とは全く異なり、鰹の本来のおいしさを堪能できるそう。

こだわり満載のラインアップ

和食lab
便利なドリップパックになっておる「鹿児島ドリップ」は、サッとだしを取ることができて便利な一品。
かつお節の香りは沸騰させると飛んでしまうため、ポットのお湯でも抽出できるよう開発されたのだそう。

そのほか、鰹本枯れ節の中でも厳選されたものだけを使って北海道産昆布でブレンドした「極み鰹」、鰹の荒れ節・本枯れ節・北海道産昆布をブレンドした「オリジナル」、鰹の本枯れ節・北海道産昆布・干し椎茸を使った「椎茸ブレンド」など、こだわりの商品が。

おすすめアレンジ

和食lab
お湯を加えるだけで美味しいおだしですが、味わいに変化が出るアレンジレシピをうかがってきました! 雅結寿にはおだしとの相性バッチリのこだわりの調味料も揃っています。

1.のむ天然おだし+煎り酒
煎り酒を少し加える事によって、魚の風味が和らぎ、梅の酸味でさっぱりと飲めるように。
かつお節の香りが苦手な欧米の方などには喜ばれる飲み方とのこと。

2.のむ天然おだし+三段仕込み醤油
かつおだしの動物系のうま味に麦や大豆、お米の植物系のうま味が加わり、絶品の和風スープのような味に‼

3.のむ天然おだし+ゆず果汁
贅沢に丸しぼりしたゆず果汁を加えると、さわやかな柑橘系の酸味と風味で味わいに変化が出るそう。

4.のむ天然おだし+みそ
お好みのおみそを少し溶かすだけで、簡単にみそ汁風のスープが完成。

5.のむ天然おだし+三段仕込み醤油+ゆず果汁
3つの味を組み合わせる事により、高級料亭のぽん酢をおだしで薄めたような絶品のスープになるのだとか。

6.トッピング
◎青のりや岩のり
◎茹でた素麺などの麺類
◎お豆腐
◎お好みの茹で野菜
具材を入れると、満足感もアップ。あっさりした味わいの具材を入れると、おだしの味を損なわずに楽しめます。

「おだしのおとも」も!

和食lab
美味しいだしと一緒に楽しめる「おだしのおとも」も販売されています。 みそやそば、しょうゆを使ったかりんとうはお茶うけにも最適。 国産のもち米に黒米を加えたおこげは、そのまま食べても、おだしに入れても相性が良いのだとか。

美味しいだしを飲むとホッとしますね。 自然が生み出した素材の味わいがギュッとつまった「雅結寿」の‟のむ”おだしを、ぜひ味わってみてください。